[Win10] 指定した時刻になったら自動的に再起動したりシャットダウンしたりする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

自宅ではあまり使う機会は無いかと思いますが、Windowsには『タスクスケジューラー』と呼ばれる機能があって、指定時刻に指定の処理を行わせることができます。この機能を使うと指定時刻に自動的に再起動したりシャットダウンしたりすることができます。

『タスクスケジューラー』とは?

毎日同じ操作を繰り返し行うような処理を手動でいちいち起動させなくてもWindowsが自動的に起動してくれる機能が『タスクスケジューラー』です。

タスクスケジューラーに登録する

タスクスケジューラーに登録できる処理は様々なものがありますが、今回は『毎日23:00にシャットダウンする』と言うタスクを登録してみます。

  1. コントロールパネルより「管理ツール」をクリックします。

    Win10「コントロールパネル→管理ツール」

    コントロールパネルがどこにあるかわからない場合は「Windows10にもコントロールパネルはありますよ」を参照してください。

  2. 管理ツールより「タスクスケジューラー」をダブルクリックします。

    Win10「管理ツール→タスクスケジューラー」

  3. タスクスケジューラーより「基本タスクの作成」をクリックします。

    Win10「タスクスケジューラー→基本タスクの作成」

  4. 基本タスクの作成ウィザードが開くので必要事項を入力し「次へ」をクリックします。

    Win10「タスクスケジューラー→基本タスクの作成ウィザード→名前」

  5. タスクを開始するタイミングを設定し「次へ」をクリックします。

    Win10「タスクスケジューラー→基本タスクの作成ウィザード→タイミング」

  6. 開始日と間隔を設定し「次へ」をクリックします。

    Win10「タスクスケジューラー→基本タスクの作成ウィザード→開始日と間隔」

    “間隔”とは『何日おきに実行するか』を設定する項目で“1”を入力すれば毎日、1を入力すれば1日おきに実行されます。

  7. 操作より「プログラムの開始」を選択し「次へ」をクリックします。

    Win10「タスクスケジューラー→基本タスクの作成ウィザード→プログラムの開始」

  8. プログラムの開始よりプログラムを選択し「次へ」をクリックします。

    Win10「タスクスケジューラー→基本タスクの作成ウィザード→プログラム」

    今回はシャットダウンを選択しました。シャットダウンに関しては「コマンドプロンプトからシャットダウンや再起動をする方法」を参照してください。

  9. 要約を確認し「完了」をクリックします。

    Win10「タスクスケジューラー→基本タスクの作成ウィザード→要約」

タスクスケジューラーへの登録は以上です。

まとめ

パソコンの前にずっと座っていれば使う必要はないと思いますが、ちょっと席を話してそのままになってしまうことが多い場合には指定時刻にシャットダウンする設定をしておくと1日一度は電源を切れることになるので便利です。
また、逆にパソコンの電源を切らない場合には定期的に再起動が行われるようにスケジューリングしておくとパソコンの安定度が高まるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事