[Win10] 不要なファイルを自動的に削除する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

一時ファイルやごみ箱などにあるファイルは一定期間後に自動削除してくれると便利です。Windows 10では「ストレージセンサー」と称して不要なファイルを自動的に削除する機能が搭載されています。

ストレージセンサーってなに?

Windows10に搭載されている機能で “一時ファイル” や “ごみ箱” などに格納された不要なファイルを、自動的に削除して空き容量を増やすことができます。「一時ファイルだけ削除する」「ごみ箱だけ削除する」と言った使い方もできるので、用途に応じて使い分けると良いでしょう。

ストレージセンサーを設定する手順

  1. 設定より『システム』をクリックします。

    Windows10→Creators Update→設定

  2. システムの “ストレージ” より『ストレージセンサー』を設定します。また、削除の挙動を選択する場合には『空き容量を増やす方法を変更する』をクリックします。

    Windows10→設定→システム→ストレージ

  3. 空き容量を増やす方法を変更する より削除対象を設定します。

    Windows10→設定→システム→ストレージ→空き容量を増やす方法を設定する

    また、今すぐに削除し空き容量を増やすには『今すぐクリーンアップ』をクリックします。

ストレージセンサーを設定するやり方は以上です。

一時ファイルやごみ箱などは、気を付けないといつの間にか大容量になりがちなので子まめに削除する習慣が無い場合には設定しておくと便利でしょう。

参考 ごみ箱の容量を大きくする方法
参考 不要なファイルを自動的に削除する方法
参考 ごみ箱に入れずにファイル・フォルダーを削除する方法
参考 ファイル削除に “確認ダイアログ” を表示する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事