[Win10] ストアからダウンロードしたアプリやプログラムをアンインストールする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Windows10ではWindows上で動作するプログラムのインストール方法が2種類存在します。そのためインストールしたプログラムの削除(アンインストール)する方法も2種類あるので混乱してしまうのでしっかりと使い分けましょう。

インストールする2種類の方法

Windows10で動作するプログラムをインストールする方法は2種類あります。

『ストア』からインストールする

Windows10にはiPhoneやiPadで言うところのiTunes、Androidで言うところのGoogle Playと同じように『ストア』が用意されているので、アプリをダウンロード&インストールすることができます。

Windows10でローカルアカウントを使用している場合にはストアへのログインに注意が必要です。詳細は「ストアにローカルアカウントのままサインインする方法」を参照してください。

従来のインストーラーでインストールする

Windows7やWindowsXPなどと同様にインストーラーを実行してソフトウェアをインストールすることができます。

アンインストールする2種類の方法

Windows10にはプログラムをアンインストールする方法が2種類存在しています。従来のようにコントロールパネルからアンインストールすることも可能ですが、その場合はストアからダウンロード&インストールしたアプリはアンインストールすることができません。

設定からアンインストール

  1. スタートメニューから「設定」をクリックします。

    Win10「スタートメニュー→設定」

  2. 設定から「システム」をクリックします。

    Win10「設定→システム」

  3. システムから「アプリと機能」をクリックすると現在インストールされているアプリ(インストーラーでインストールしたソフトウェアも含む)が一覧で表示されるのでアンインストールしたいアプリをクリックします。

    Win10「設定→アプリと機能」

  4. するとメニューが表示されるので「アンインストール」をクリックします。

    Win10「設定→アプリと機能→メニュー」

  5. 『このアプリとその関連情報がアンインストールされます。』とダイアログが表示されるので問題がなければ「アンインストール」をクリックします。

    Win10「設定→アプリと機能→メニュー→アンインストール」

設定からアンインストールするやり方は以上です。

コントロールパネルからアンインストールする

Windows7やWindowsXPのようにコントロールパネルからソフトウェアをアンインストールすることも可能です。ただし、ストアからダウンロード&インストールしたアプリは一覧に表示されないのでアンインストールすることはできません。

  1. コントロールパネルより「プログラムと機能」をクリックします。

    Win10「コントロールパネル→プログラムと機能」

  2. インストール済みのアプリケーション一覧が表示されるので「アンインストールしたいアプリケーション」を選択し「アンインストール」をクリックします。

    Win10「プログラムと機能→アンインストール」

  3. 警告のダイアログが表示されるので、間違いなければ「はい」をクリックします。

    Win10「プログラムと機能→アンインストール→警告」

  4. アンインストールが始まります。プログレスバーが右端まで到達すれば完了です。

    Win10「プログラムと機能→アンインストール→開始」

コントロールパネルからアンインストールするやり方は以上です。

まとめ

不要なアプリケーションはハードディスクの容量圧迫やパフォーマンスの低下を引き起こすので、これを機会に整理してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事