[Win10] 機内モードがオフにできない場合の原因と対処の方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
波

スマートフォンでおなじみの “機内モード” はWindows10にも搭載されていますが、一部のパソコンでは「機内モードがオフにできない」と言ったことがあるので、原因と対処の方法を覚えておくと便利です。

機内モードを設定するには?

Wi-Fiを始めBluetoothなどのワイヤレス通信を一括でオフにできる機内モードは、電波を発することのできない時や場所で便利に活躍してくれます。スマートフォンで使ったことのある人は多いでしょうが、パソコンでもWindows10などでは機能が搭載されており、タスクバーの右(画面の右下)にある『吹き出しのアイコン』をクリックすることで表示される “アクションセンター” より設定することができます。

Windows10→アクションセンター

しかし、一部のパソコンでは本体の設定によって「機内モードがオフにできない」と言ったことが発生します。

原因と対処は?

Windows10のアクションセンターで “機内モード” の操作(設定)ができないのは、パソコン本体に搭載されている物理的なスイッチが関係している場合が多いです。例えば、Panasonicが販売しているLet’s NOTE(レッツノート)などでは機内モードと同様の機能を持つ物理スイッチ(WIRELESS)が本体に備わっており、そのスイッチを “OFF” にすると、Windows10上では機内モードがオンになりオフにすることができなくなります。

Let's note CF-NZ2→ワイヤレススイッチ

この場合、物理スイッチを “ON” にすれば問題なく使えるようになります。このように、パソコン本体に物理スイッチが搭載されている機種では本体のスイッチが優先されるので、Windows10上からオン/オフを制御したい場合には物理スイッチはオン(ワイヤレス通信が使える状態)にしておくのが良いでしょう。


PanasonicのLet’s NOTE(レッツノート)の場合、本体のスイッチはオンで「通信できる」状態となりオフで「通信できない」状態となりますが、Windows上では機内モードがオンで「通信できない」状態となりオフで「通信できる」状態となり、真逆の挙動となるので注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事