マウスにある『スクロールボタン』の使いかたとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

パソコンの操作に必要なマウスには、左右のボタンの間にクルクルまわるダイヤル状の装置がついています。画面を上下にスクロールさせる際に使われることが多い装置ですが、ボタンのように押し込むことができ『スクロールボタン(ホイールボタン)』と呼ばれ特別な使い方ができます。

スクロールボタンってなに?

パソコンの操作に必要なマウスでは “左クリック” や “右クリック” を行うことができます。従来のマウスには、この2つのボタンしかありませんでしたが、昨今では左右のボタンの間にクルクルまわるダイヤル状の装置が付いており、画面を上下にスクロールさせる事が簡単にできるようになっています。

この装置はクルクルと回すだけでなく、押し込むことでボタンとして使うこともできるので『スクロールボタン(ホイールボタン)』と呼ばれています。

スクロールボタンの使い道は?

画面を上下にスクロールさせることでしか使用していなかった人にとって、他の使い方は思いつかないかもしれませんが便利な機能が割り当てられていることがあります。
ただ、割り当てられた機能はアプリケーションによって異なるため、パソコンで使う代表的なアプリケーションとしてブラウザを使って機能を紹介します。

自動スクロール

Webサイトは縦長に構成されていることがほとんどです。そのため、閲覧するためにホイールをクルクルと回してスクロールさせるでしょう。この時、何もない場所でスクロールボタン(ホイールボタン)をクリックすると見慣れないアイコン(上下に三角形)が表示され、マウスを上下に動かすだけで自動的にスクロールしてくれるようになります。

ブラウザ→スクロールボタン(ホイールボタン)

Webサイトはどうしても縦長になりがちなので、ホイールをクルクルと回すのが億劫になるほど縦長なサイトには自動スクロールを使うのがオススメです。

別のタブで開く

リンクをクリックする際には左クリックするのが一般的です。この場合、サイト作成者の実装したとおりに「同じ画面で開く」か「別のタブで開く」ことになりますが、どのような実装をされていても、スクロールボタン(ホイールボタン)でリンクをクリックすると別のタブで開くことができます。

ブラウザ→スクロールボタン(ホイールボタン)

その為、現在の画面を表示させたままで、リンク先を閲覧したい場合にはスクロールボタン(ホイールボタン)でリンクをクリックするのがオススメです。

別の機能を割り当てる

マウスはほとんどの場合、パソコンに接続するだけで使えるようになりますが、専用のアプリケーションが用意されボタンに様々な機能を割り当てることができる商品も存在しています。その為、使用しているマウスに専用のアプリケーションが無いかどうかマニュアルやWebサイトで確認してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事