「LinuxLive USB Creator」でUSBから起動するLinux環境を作る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン

Linuxをお試しで使ってみたい場合や、今の環境を崩すことなくLinux環境を構築したい時などに便利なのがUSBから起動できるLinuxです。USBから起動することができるので自分のパソコン以外で起動しても自分の気に入った環境で作業することができます。

必要なもの

LinuxLive USB Creatorのインストール

USBから起動できるLinuxを作成する為のソフト「LinuxLive USB Creator」をインストールします。

  1. ダウンロードしたファイルを起動し、言語の選択をします。今回はJapaneseを選択しました。
    LinuxLiveUSB-1

  2. セットアップウィザードが開始されるので、次へをクリックします。
    LinuxLiveUSB-2

  3. インストール先を選択しますが、特に理由が無ければそのままインストールをクリックします。
    LinuxLiveUSB-3

  4. インストールが開始されプログレスバーが動き出すので右端に行くまでしばらく待ちます。
    LinuxLiveUSB-4

  5. プログレスバーが右端にきたら完了なので次へをクリックします。
    LinuxLiveUSB-5

  6. インストールはこれで終了です。完了をクリックすると自動的に起動しますが、LinuxLive USB Creatorを起動のチェックを外しておけば起動しません。
    LinuxLiveUSB-6

LinuxLive USBの作成

次に、「LinuxLive USB Creator」を使用してUSBから起動できるLinuxを作成します。

  1. USBメモリをPCに接続し、LinuxLive USB Creatorを起動します。
    usblinuxcreator1

  2. STEP.1:USBメモリの選択でPCに接続したUSBメモリを選択します。
    usblinuxcreator2

  3. STEP.2:ソースの選択ISO/IMG/ZIPをクリックしダウンロードしたISOを選択します。
    usblinuxcreator3

  4. しばらくすると対応リストにないLinuxです。と表示されますが、問題なく作成できます。
    usblinuxcreator4

  5. STEP.3:保存領域の設定ですが、今回は対応リストに無いLinuxのため、”Liveモード”となり保存領域は確保できません。
    usblinuxcreator5

  6. STEP.4:オプションでは、好みに応じて変更します。
    usblinuxcreator6

  7. STEP.5:作成開始雷マークをクリックすれば作成が開始されます。
    usblinuxcreator7

  8. STEP.4でFAT32でフォーマットするにチェックを入れていると以下のような注意事項が表示されるので、データを消去したくない人はチェックをを外します。
    usblinuxcreator8

  9. 処理が始まります。しばらく待ち下の画面が表示されれば終了です。
    usblinuxcreator9

まとめ

USBメモリから起動できるパソコンであれば、どのパソコンでも自分の作成した環境で作業することができます。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事