Google検索で “天気予報” を知る方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マップ

Google検索ではキーワードの検索だけでなく “天気予報” などを知ることができます。GPSなどによって位置情報が取得できる場合には、現在地の天気予報を素早く簡単に検索することができます。

天気予報の検索

天気予報を見るタイミングと言うのは「テレビのニュースで見る」や「新聞で見る」など人によって様々です。しかし、一般的な生活をしていれば目にする機会が多いので、意識して見ることが無く「今日の天気はなんだっけ?」と言った日もあるでしょう。

ブラウザを使って天気予報のWebサイトをチェックしたことのある人は多いので見たことのある人は多いかもしれませんが、入力の仕方をちょっと変えるだけで自由自在に天気を知ることができます。

天気予報の使いかた

現在地の天気予報を知る

スマートフォンなど位置情報サービス(GPSなど)が利用できる端末から検索する場合には、単純に “天気” と検索するだけで現在地の天気予報を表示させることができます。

Google検索→天気予報→位置情報サービス

参考 スマホの “位置情報” を設定する方法

指定した地域の天気予報を知る

パソコンなど位置情報サービスが使えなかったり、これから向かう旅先の天気予報が知りたい場合には、検索する際に “weather:(市区町村など)” と入力すれば場所を指定して天気予報を表示させることもできます。

Google検索→天気予報→指定した位置

検索オプション “weather:(市区町村など)” のweatherと市区町村などは “:” が区切り文字なのでスペースを入力する必要はありません。

天気予報を検索する際に “天気” と入力して検索することが多いでしょうから「見たことがある」と言う人は多いでしょう。しかし、「GPSをオフにしている」と言ったように位置情報サービスが使えない場合には正しい場所の天気予報が表示されない場合があるので「活用している」と言う人は少ないかもしれません。良く検索をする人はGPSなどの位置情報サービスをオンにしておくと便利でしょう。

参考 Google検索を賢く使う方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事