乗っ取られた?見知らぬツイートが行われたら外部アプリ連携を確認しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツイッター

Twitterを利用していると、自分のアカウントから見知らぬツイートが行われることがあります。「乗っ取りか!?」と感じた場合には外部アプリ連携を確認しましょう。

外部アプリ連携ってなに?

Twitterでは、ブラウザからアクセスするほかにスマートフォンなどの “アプリ” からアクセスすることができます。それも公式アプリだけでなく第三者が作成したアプリからもアクセスすることができますが、このような非公式アプリを使用するために行うのが外部アプリ連携です。

この外部アプリ連携を行うと非公式のアプリからも「タイムラインを見る」や「ツイートする」と言ったことが可能になりますが、この外部アプリ連携に悪意のあるアプリが登録されると、自分の知らないところで知らないツイートが行われてしまう場合があります。

外部アプリ連携は、ユーザー自身が許可しないと登録されることはありませんが、良くわからずに操作を行っていると「いつの間にか登録されていた」と言ったことになってしまいます。

このため、外部アプリとして登録されているアプリを定期的に見直して、不必要と思われるアプリや登録した覚えがないアプリは連携を解除しておきましょう。

外部アプリ連携を解除する手順

公式アプリからも設定できますが、今回は共通化する為にスマートフォンのブラウザからアクセスして操作しています。
  1. ブラウザよりTwitterにアクセスし『自分のアイコン』を選択します。

    モバイルTwitter

  2. 表示されたメニューより『設定とプライバシー』を選択します。

    モバイルTwitter→メニュー

  3. 設定より『アプリケーション』を選択します。

    モバイルTwitter→メニュー→設定

  4. アプリケーションの一覧を確認し “覚えのないアプリ” や “知らないアプリ” の『アクセス権を取り消す』を選択します。

    モバイルTwitter→メニュー→設定→アプリケーション

  5. 画面上部に「アクセス権が拒否されました。」と表示されれば完了です。

    モバイルTwitter→メニュー→設定→アプリケーション

外部アプリ連携を解除するやり方は以上です。

良くわからない場合には、一旦すべてのアプリ連携を解除してしまうのも1つの手です。しかし、その場合には普段アクセスしているアプリの連携も解除されるので、改めてアプリ連携を行う必要があるので注意してください。

また、それでも見知らぬツイートがある場合にはパスワードの漏えいなどが考えられるのでパスワードの見直しなどをオススメします。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事