Twitter公式アプリで “下書き” を使う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツイッター

Twitterの公式アプリには、ツイートの “下書き” を保存することができます。しかし、この下書き機能は見つけにくく「保存した下書きがどこにあるのかわからない」と言う人も多いようです。

ツイートの下書き

Twitterにてツイートする際、記載した内容をすぐにツイートすることが多いですが、スマートフォンの公式アプリには用意した文章を “後で” ツイートすることができるように下書き機能が搭載されています。

Twitter→公式アプリ→下書きを保存しますか?

下書きの使いかた

Android版の “Twitter公式アプリ” を例にしています。iOS版(iPhoneなど)では操作が異なる場合があるので注意してください。
参考 Twitter – Google Play の Android アプリ

下書き保存する

  1. ツイートの新規作成時に『×』または『本体のバックボタン』をタップします。

    Twitter→公式アプリ→新規作成→入力済み

  2. ダイアログ “下書きを保存しますか?” が表示されたら『保存』をタップします。

    Twitter→公式アプリ→下書きを保存しますか?

ツイートの下書きを保存するやり方は以上です。

下書きを編集する

  1. ツイートの新規作成時より『下書きアイコン(三本線に羽ペン)』をタップします。

    Twitter→公式アプリ→新規作成→白紙

    下書きアイコンとは、画面上にある自アイコンの左にあるアイコンを指しています。
  2. 下書き一覧より『対象のツイート』をタップします。

    Twitter→公式アプリ→下書き→リスト

  3. 保存した下書きツイートの編集ができます。

    Twitter→公式アプリ→新規作成→入力済み

ツイートの下書きを編集するやり方は以上です。

下書きを削除する

  1. ツイートの新規作成時より『下書きアイコン(三本線に羽ペン)』をタップします。

    Twitter→公式アプリ→新規作成→白紙

    下書きアイコンとは、画面上にある自アイコンの左にあるアイコンを指しています。
  2. 下書き一覧より『対象のツイート』をロングタップします。

    Twitter→公式アプリ→下書き→リスト

  3. 表示されたダイアログより『下書きを削除』をタップします。

    Twitter→公式アプリ→下書き→リスト→ダイアログ

  4. リストから削除されます。

    Twitter→公式アプリ→下書き→リスト→ブランク

ツイートの下書きを削除するやり方は以上です。

この “下書き” 機能は、Web版のTwitterには無くアプリ限定の機能(私が使い方を知らないだけかもしれませんが)のようなので「すぐにツイートしないけど保存しておきたい」と言った場合などにはスマートフォンアプリが便利でしょう。

スポンサーリンク

シェアする