ヤマト運輸に “ナビダイヤル” 以外で電話をかける方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

ヤマト運輸(クロネコヤマト)に電話で問い合わせをする際、携帯電話(スマートフォン含む)やPHSだと0570から始まる電話番号 “ナビダイヤル” に電話をかける必要があります。このナビダイヤルは料金が高く通話定額サービスの対象外となることが多いので、通常の電話番号(固定電話番号)に直接かけると良いでしょう。

ナビダイヤルってなに?

NTTコミュニケーションズが提供するサービスの1つで、国内で複数の着信先に対して統一された電話番号にすることができます。そのため、全国に散らばるサポートセンター宛の電話番号に利用さえれることが多く、ヤマト運輸(クロネコヤマト)以外でも利用している企業は多いでしょう。

ナビダイヤルは電話番号が “0570” から始まっていることから「0570ダイヤル」とも呼ばれています。

企業側からすると便利なサービスですが、利用者側には「通話定額サービスの適用外になる」と言う落とし穴があります。そのため、ドコモが提供する “カケホーダイ” や、auの “カケホ(電話カケ放題プラン)”、ソフトバンクの “スマ放題「通話し放題プラン」” などは通話定額の対象外となり高額な通話料金が発生してしまいます。

通話料金はクロネコヤマトの場合、20秒ごとにおよそ10円が発生すると案内されています。

固定電話の番号が用意されている

一般の固定回線ではフリーダイヤルが提供されているヤマト運輸(クロネコヤマト)ですが、携帯電話・PHS(スマートフォン含む)ではフリーダイヤルでは無くナビダイヤルが案内されます。しかし、いつのころからかナビダイヤルだけではなく、通話定額(無料通話)の対象になることが多い固定電話番号も公開されるようになりました。

固定電話番号を調べる手順

  1. ヤマト運輸(クロネコヤマト)の公式サイト『ヤマト運輸』にアクセスし『よくある質問はこちら』をタップします。

    ヤマト運輸(クロネコヤマト)→お問い合わせ→ナビダイヤル(直接ダイヤル)

    パソコンからの場合は『お問い合わせ』から遷移できます。
  2. お問い合わせ窓口の “携帯電話・PHSからはこちら” より『ナビダイヤル』をタップします。

    ヤマト運輸(クロネコヤマト)→お問い合わせ→ナビダイヤル(直接ダイヤル)

  3. 地域の一覧より『該当地域』を選択します。

    ヤマト運輸(クロネコヤマト)→お問い合わせ→ナビダイヤル(直接ダイヤル)

    地域の選択は問い合わせ内容によっても異なりますが、配達日時の変更などであれば配達先の住所を選択する方が良いでしょう。
  4. 地域ごとの “ナビダイヤル” と “直接ダイヤル(固定電話番号)” が表示されます。

    ヤマト運輸(クロネコヤマト)→お問い合わせ→ナビダイヤル(直接ダイヤル)

    市区町村によって分かれている場合があるので注意してください。

ナビダイヤルは料金が非常に高いのに通話定額外になってしまうので、携帯電話・スマートフォン・PHSなどから電話をする場合には直接ダイヤル(固定電話番号)から電話したほうが良いでしょう。また、携帯電話・PHS(スマートフォン含む)からの電話だけでなく、混雑時などで「クロネコヤマトの電話(サービスセンターなど)に全く繋がらない!」と言った場合でも繋がりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする