個人輸入でSIMフリースマホを購入する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宅配

これまでドコモスマートフォンを用いてMVNO(格安SIM)を使用してきましたが、今後は海外で販売されているグローバル版を使いたいため、オンラインガジェットネットショップであるEXPANSYS(エクスパンシス)などを利用して個人輸入してみようと思い調べてみました。

全て自己責任にて行い、何がおきても一切の責任は負いません。

海外スマホを購入するためには?

海外で販売されているグローバル版のSIMフリースマートフォンを購入するためには、『日本国内のショップ(店舗・オンライン)』で購入するか『輸入サイト』で購入するかの大きく2択になるでしょう。

店舗でもオンラインショップでも日本国内のショップで購入する場合には、需要と供給のバランスによって、どうしても高価な価格になりがちなので輸入サイトを用いて自分で海外から購入する方が安く済む場合があります。

日本でSIMフリースマートフォンを海外から購入するのに代表的な海外のオンラインショップは2つあり、1つは最近どうも評判が悪いので『EXPANSYS』と言うショップでの購入を検討してみました。

EXPANSYSとは?

EXPANSYS (エクスパンシス)は、日本国内から格安でSIMロックフリーのスマートフォンを購入できる海外のオンラインショップです。日本では “パンツ” の愛称?で呼ばれることもあります。
公式サイトは日本語でも記載されているので海外のオンラインショップと言うことを忘れがちになってしまいますが、本社はイギリスで日本とのやり取りは日本部門の香港が担当しています(日本に支社存在しません)。そのため、日本の住所に対して注文を行った場合には(在庫があれば)香港から商品が送付されてくることになります。

新品?中古品?

スマートフォンを契約なしで購入する場合、日本では中古品でしか入手できないことも多いですが、海外ではスマートフォン単体で販売されていることも多いのでEXPANSYSでの購入も新品での購入となります。

検品などの都合により一部開封済みの商品もあるようなので『未使用品』と考えておくと良いかもしれません。

配送方法は?

香港からの配送の場合、『FedEx』と『ヤマト運輸』が担当しています。

『FedEx』とは国際宅配便・海外運送などの物流サービスを提供する世界最大手の会社です。日本人からすると意外ですが、土日・祝日の配送は行っていないので注意が必要です。配送から到着までは2から3営業日なので後述するヤマト運輸よりも早く手元に届くと予想されます。

『ヤマト運輸』は言わずも知れた日本の会社なので説明は不要でしょう。配送から到着までは3から5営業日と言うことなのでFedExよりも届くのが遅くなります。

配送業者は注文時に選択することができるので「休日じゃないと受け取れない」と言う場合でも心配はいりません。

支払い方法は?

『クレジットカード』『銀行振込』『代引き』『PayPal(ペイパル)』から選択できます。

『PayPal(ペイパル)』とは聴き慣れない人も多いかと思いますが、アメリカの企業が提供しているインターネットを利用した決済サービスで、個人輸入を行う場合にはPayPalを利用して支払うことが多いようです(トラブルの際にPayPal経由で支払いを拒否できるため)。
ただし、EXPANSYSにおいて初めて高額な商品を購入する場合には本人確認の為に証明書(免許証など)を送付する必要があるので、それに抵抗がある場合には『代金引換(代引き)』を選択すると良いでしょう。

『代引き』の場合は現金のみの支払いとなるため注意してください。

保証はあるの?

海外からSIMフリースマートフォンを購入すると「保証が無い」と考える人も多いですが、スマートフォン・タブレットには1年間のEXPANSYS保証がついています。ただし、保証書は同梱されておらず、端末のIMEI番号又はSerial番号で識別されるので注意してください。

参考 スマホの “IMEI” を確認する方法

受け取った時点で『傷』や『へこみ』など外見上の問題があった場合には24時間以内に写真を撮ってメールで送信する必要があるので注意してください。24時間以上を経過するとし初期不良とはみなされません。

税金について

海外から何かしらの商品を購入し輸入した場合には『関税』と『消費税』が必要になります。

『関税』は、商品が日本の空港に到着して税関を通る際に課税されるものですが、個人使用のスマートフォンやタブレットの場合には、電子機器に分類されるため0%(無税)となり0円となります。
『消費税』は、個人で輸入する商品代金の60%に対して8%が課せられます。そのため、10万円の商品を購入すると10万×0.6×0.08=4800円と試算できます。

税金に関してはあいまいな部分があるため、自分自身で確認してください。試算よりも多く発生した場合でも一切の責任は負いません。

税金の支払い方は配送方法によって異なり、FedExの場合には商品とは別に請求書が後日届きます。ヤマト運輸の場合には配達時に現金で支払います(現金以外はダメ)。

注文の手順

  1. EXPANSYSより製品ページを表示し『カゴにいれる』をクリックします。

    EXPANSYS→商品ページ

  2. “バスケットに入りました” と表示されたら『買い物かごを見る』をクリックします。

    EXPANSYS→商品ページ

    複数の商品を購入する場合には『ショッピングを続ける』をクリックします。
  3. 買い物カゴより “配送業者” と “支払い方法” を選択し『チェックアウト』をクリックします。

    EXPANSYS→買い物カゴ

    配送業者の違いについては『個人輸入でSIMフリースマホを購入しようと思い調べてみた』を参照してください。
  4. 次に “請求先(届け先)” の国がJapanであることを確認し、その他の入力欄を英数字記号(ローマ字)で入力『注文する』をクリックします。また、住所などのローマ字表記が不明な場合にはWebサービスを活用すると良いでしょう。
    サイト JuDress | 住所→Address変換

    EXPANSYS→買い物カゴ→支払いの詳細

    入力したメールアドレスには、荷物の状況などが送られてきます。特にヤマト運輸で代金引換(代引き)を選択した人は支払総額がメールで届くので入力ミスに注意してください。
    国にJapanが選択されていれば、請求先(届け先)は日本国内に入ってから配送業者が使用するだけなので、読めれば問題は無いでしょう。心配であれば、国内に入ってから問い合わせることをオススメします。
  5. “ご注文確認表” が表示されたら内容を良く確認します。また、注文内容を明記したメールが届くまでは画面は閉じないようにしましょう。

    EXPANSYS→買い物カゴ→ご注文確認表

    メールが届かなかった場合には画面に記載されたメールアドレスや電話番号へ問い合わせる必要があるので注意してください。
  6. 入力したメールアドレス宛に注文内容を明記した注文内容確認メール “eXpansys Order Acknowledgement – JP” が届いたら完了です。

    EXPANSYS→ご注文内容確認メール

EXPANSYSで注文するやり方は以上です。

前述したように香港からの国際宅急便となりますが、日本と同様に荷物の追跡ができる仕組みになっているので安心です。

参考 EXPANSYSでXperia X Compact F5321を買ってみた!

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事