Amazonでほしい本を管理し図書館で借りる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宅配

私は欲しい本があると、とりあえずAmazonのほしい物リストに登録しています。ふと、図書館に行く用事がありついでに欲しい本があるか探してみたところ結構あって借りてきたことがあります。Amazonと図書館この2つを連携できないかと考えて調べてみたところ便利なツールがありました。

お堅い本ばっかりでは無い

図書館と言えば、お堅い本ばっかりが置いてあるイメージですが、雑誌やラノベなどを貸し出してくれる市区町村もあります。そんな図書館を上手に使うため、Amazon.co.jpから図書館で本が借りられるか確認することができます。

ブラウザのアドオンを使う

ブラウザには機能をついかする『アドオン』と呼ばれる仕組みがあります。このアドオンはスマートフォンのアプリのように後からダウンロード&インストールしてブラウザの機能を拡張するものです。

このアドオンに『Libron(リブロン)』と呼ばれるものがあり、これがAmazonのページから最寄りの図書館の蔵書を検索できるツールです。

FirefoxやChromeなどのブラウザで使うことができ、導入すると以下のようにAmazonの商品ページやほしい物リストから貸し出し可能か表示され、しかもインターネット予約ができる図書館の場合にはその場で予約も可能です。

libron

まとめ

私の中で図書館と言うとまじめな本ばかりがあるイメージでしたが、よく調べてみると学生向けにライトノベルなども置いてあるところもありました。やはり人気があるので貸し出し中のものも多いですが、このようにAmazon+図書館で管理しておくといざ借りられるタイミングが来たときに非常にすばやく借りることができます。

また、図書館は在住の市区町村だけでなく近隣や勤務先の市区町村も使えることがありますのでそれぞれ調べてみると意外と使えると思います。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事