OCNモバイルONEで貰えるメールアドレスの使用容量を確認する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新聞

OCNモバイルONEを契約するとExchange ActiveSyncの使えるメールアドレスを貰うことができます。メールボックスの容量は1Gと大きいですが、たまには使用容量を確認しておかないと受信できなくなる場合があります。

OCNモバイルONEで貰えるメールアドレスとActiveSyncについて

OCNモバイルONEで貰えるメールアドレスは設定することによりGmailのようにプッシュ通知/自動受信することが可能です。詳しくは「OCNモバイルONEで貰えるメールアドレスをGmailのようにプッシュ通知/自動受信する」を参照してください。

メールボックスの容量は1GB

メールアドレス1つあたりに用意されている容量は1GBです。そのため、メールを受信し続けているといずれは容量がいっぱいになってしまいますので注意が必要です。

受信したメールを放置していると受信できなくなる

受信したメールを削除せずに放置しておくと、どんどんメールがたまっていきます。先に書いた通りメールボックスの容量には1GBと上限があるので、受信し続けて1GBを超えてしまうとメールを受信することができなくなります

1GBと言う容量はメール1通から見れは大きすぎるサイズですので、1日に数通ぐらいであれば心配する必要は無いのですが、大きなサイズの添付ファイルを受信したときなどは注意したほうが良いでしょう。

現在の使用容量を確認する

とにもかくにも、現在の使用容量を確認することが大事です。

  1. OCNメール」にアクセスし「ログイン」をクリックします。
    OCNメール「TOPページ」

  2. ログインを求められるので“OCNメールアドレス(OCN ID)”とそれに対する“パスワード”を入力し「ログイン」をクリックします。
    OCNメール「Loginページ」

  3. OCNメールにログインができたら画面左上にある“自分のメールアドレス”が書かれているところにマウスカーソルを持っていきます(クリックはしません)。
    OCNメール「マウスオーバー」

    このようにクリックせずに、マウスカーソルを対象物に対して重ねるだけの操作をマウスオーバーと呼びます。
  4. 1~2秒ほどの短い時間そのままの状態(マウスオーバーした状態)を維持すると吹き出しが表示され“割り当て容量”が表示されます。これが現在の使用容量です。
    OCNメール「ポップアップ」

    ちなみに上の容量はメール100通程度なので、1通当たり30KBぐらいです。1GBを使い切るためには35,000通ぐらい必要で、1日当たり10通のメールを送受信すると10年ぐらいで1Gに到達します。かなり雑な計算ですがご了承ください。
  5. 使用容量が1Gに近い場合にはメールを削除するなどして容量を確保しておきます。
    容量を確保しておかないとメールを受信することができなくなりますので注意してください。
  6. 以上で終了です。

まとめ

Gmailなどは容量が数GBもあるので他のメールアカウントも同じように考えてしまいがちですが、Gmailと同じように考えていると「メールが受信できない」と言ったことが起きてしまうかもしれません。
ただ、OCNメールの1GBでも一般人が普通の使い方をしている分には数年は使えるのではないでしょうか。もしかしたら、一度も消すことなく使えるかもしれません。
ただし、重複しますがサイズの大きな添付ファイルにはくれぐれも気を付けてください。

スポンサーリンク

シェアする