紛失したiPhone/iPadを探す方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple

iPhoneを紛失してしまった、または盗難にあってしまった。高価なものですのでそんなときの対処法をしっかりと覚えておきたいものです。

「iPhoneを探す」とは?

Appleが提供しているiCloudに備わっている機能(サービス)の一つです。その名に反してiPhone、iPad、iPod touchだけでなくMacにも対応し、紛失や盗難にあった際に端末の所在地を検出して対処することができます。ただし、事前に設定が必要なので事が起きる前に設定しておきましょう。

事前準備

「iPhoneを探す」を利用するには端末において事前に設定をする必要があります。また、iOS5以降である必要がありますので注意してください。

  • 設定より「iCloud」をタップします。

    iphone-at-icloud-com1

  • iCloudより「iPhoneを探す」をタップします。

    iPhone「iPhoneを探す」設定

  • iPhoneを探すより「iPhoneを探す」オンにします。

    iPhone「iPhoneを探す」オン

  • ダイアログが表示されますので「許可」をタップします。

    iPhone「iPhoneを探す」ダイアログ

以上で完了です。

続けて、今度は実際に紛失などで探す場合の手順です。「iPhoneを探す」を利用してiPhoneを探すには以下の条件を満たしていることが必要です。

iPhoneを探す手順

条件

  • 「iPhoneを探す」設定がされていること
  • 3G・LTE・Wi-Fiなどのネットワークに接続されていること
  • 位置情報サービス(GPS)が「オン」であること
    位置情報サービスが「オフ」でもロックなどの操作は可能です。もちろん、位置情報を確認することはできません。

iPhoneを探す手順

  • パソコンから「iCloud.com」へアクセスし、ログインします。

    iCloud「WEBログイン」

    Apple IDとパスワードはiPhoneに設定されているものを入力します。
  • 「iPhoneを探す」をクリックします。

    iPhoneを探す

  • マップが開きiPhoneの位置が表示されるので、「すべてのデバイス」をクリックし、表示されたデバイス一覧より探したいiPhoneの名前を選択します。

    iPhoneを探す「すべてのデバイス」一覧

  • メニューを選択できるようになりますので必要に応じて操作します。

    iPhoneを探す「すべてのデバイス」操作

以上で終了です。

iPhoneは高価なものであり、個人情報の塊でもあります。普段からロックをかけていても、どんな手段で解除できてしまうかわかりません。しっかりと対策をとっておきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事