Googleカレンダーを特定の人と共有する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マップ

無料で使えるスケジュール管理ツール “Googleカレンダー” を活用している人は多いでしょう。このGoogleカレンダーは、登録したスケジュールを家族や知人・友人などと共有することができるようになっています。

スケジュールの共有

自分自身のスケジュールを家族や知人・友人などと共有したいという場面は意外と多いもので、シフト勤務の人が家族と休日の予定を共有したり、仲の良い知人・友人同士で休みの日程を共有しあったりすることもあるでしょう。

Googleカレンダーでは、現在使用しているカレンダーはもちろん、共有専用にカレンダーを作成して不特定多数の人とスケジュールを共有することができるようになっています。

カレンダーを共有する手順

カレンダーを作成する

既に使用しているカレンダーを共有したい場合、新規作成する必要はありません。
  1. Googleカレンダーにアクセスし、左サイドバーにある “マイカレンダー” の『▼』をクリックします。

    Googleカレンダー

  2. 表示されたメニューより『新しいカレンダーの作成』をクリックします。

    Googleカレンダー→マイカレンダー

  3. 新しいカレンダーの作成より “カレンダー名” や “説明” などの必要事項を入力し『カレンダーの作成』をクリックします。

    Googleカレンダー→新しいカレンダーの作成

    この時点で共有の設定をする事も可能ですが、都合により作成後に共有設定を行います。
  4. 作成されたカレンダーが “マイカレンダー” に表示されます。

    Googleカレンダー

共有の設定

  1. 左サイドバーにある “マイカレンダー” より、対象カレンダーの『▼』をクリックします。

    Googleカレンダー

  2. 表示されたメニューより『このカレンダーを共有』をクリックします。

    Googleカレンダー

  3. (カレンダー名)の詳細より “特定のユーザーと共有” に必要事項(メールアドレスと権限)を入力・選択し『ユーザーを追加』をクリックします。

    Googleカレンダー→特定のユーザーと共有

    権限に “変更および共有の管理権限” や “予定の変更権限” を選択すれば、追加したユーザーも予定を変更することができます。
    共有するユーザーを削除する場合には “削除” にある『ごみ箱のアイコン』をクリックします。
  4. 共有するユーザーを追加したら『保存』をクリックします。

    Googleカレンダー→特定のユーザーと共有

Googleカレンダーを共有するやり方は以上です。

追加されたユーザーは?

Googleカレンダーの共有にて追加されたユーザーには、その旨を記したメールが届き自動的にカレンダーに追加されるので特に何もする必要はありません。

Googleカレンダー→カレンダーの共有

Googleカレンダー→カレンダーの共有

設定された権限によっては予定の変更などを行うこともできるので、必要に応じて権限を変更すると良いでしょう。