Gmailで迷惑メールフィルターに分類されるのを防ぐ方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マップ

Gmailを使っていると稀に欲しいメールが迷惑メールフィルターに引っかかり「迷惑メール」に分類されて入ってしまうことはありませんか?その原因はさまざまですが、特定のメールを迷惑メールに分類されるのを防ぐことができます。

迷惑メールに分類される原因

メールが迷惑メールフィルターに引っかかり、迷惑メールとして処理されてしまう原因はさまざまあります。これは私の想像ですが、間違って迷惑メールとして処理されてしまう主な原因は「多くの人が迷惑メールだと思っている」ことだと思っています。
Gmailは迷惑メールを報告することができるので「このメールは迷惑だ!」と多くの人が思い報告するとそれはほかのユーザーにも適用され迷惑メールとして分類されるのだと思います。

もちろん、こんな単純な話ではないと思いますが、迷惑メールに分類されるメールはそれなりに迷惑している人がいるということだと思います。

迷惑メールに分類させたくない時の対処法

他人がどんなに迷惑メールだと思っても自分にとっては迷惑でないメールはあると思います。特に企業からのダイレクトメールなどは多くの人は迷惑に感じるでしょうが、その情報が欲しいという人は必ずいます。そこで、迷惑メールに分類させない方法が存在します。

連絡先リスト登録する手順

迷惑メールに分類されずにメールを受信するには連絡先リストに登録すれば可能です。連絡先リストとはいわゆる電話帳のことです。

  1. Gmailにアクセスし、左上の“Gmail”をクリックするとプルダウンが表示されるので「連絡先」をクリックします。

    Gmail「連絡先」

  2. “コンタクト”と言うページが開くので右下の「+Ω」をクリックします。

    Google「コンタクト」

  3. メールを受信したい相手の名前(名称)を入力し「作成」をクリックします。

    Googleコンタクト「新規登録」

  4. 詳細を入力する画面が表示されるので、メールを受信したいメールアドレスを入力し「保存」をクリックします。

    Googleコンタクト「新規登録→詳細入力」

連絡先リスト登録するやり方は以上です。

これで基本的には迷惑メールに分類されることはなくなります。ただし、フィッシングメールが送信されたなど明らかに不正なメールの場合は迷惑メールに分類されます。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事