タブレットを有効活用!無料で電子書籍マンガを読んでみよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本

タブレットが欲しくて買ったは良いが活用方法が無いという人は多いようですが、そんな時は電子書籍マンガを無料で読んでみてみてはいかがでしょう。日本では電子書籍があまり普及していませんが、無料でお試ししてみると良さがわかるかもしれません。

日本で普及しない理由

日本ではまだまだ普及していない電子書籍ですが、普及しない理由は様々で多くは価格や仕組みにあると思います。

本屋が近くにある

アメリカなど海外では需要の高い電子書籍ですが、アメリカなどは広大な土地のため「ちょっと本屋へ」などと買い物に行けないそうです。日本は駅前であればよほど地方で無い限り本屋はあるので手軽に本を入手することができます。

そのため、日本国内では電子書籍に触れる機会がほとんど無くても困ることは少なく利用されていません。

Amazonで買うのは?

「Amazonがあるじゃないか」と思う方もいるでしょうが、海外では日本ほど宅配サービスが充実しておらず、休日の配送や再配達は別料金であったりするので、インターネット経由でお手軽に購入できる電子書籍は必要とされているわけですが、日本は宅配サービスが充実しているので注文すれば翌日、翌々日には品物を手にすることができます。

これに加えて電子書籍の価格が紙の本とほとんど変わらないという点も普及しない理由の一つに上げられます。日本人はなぜかインターネットで利用できるものは無料もしくは低価格であると思っている人が大勢います。そのため、同様の価格では紙の本を購入したほうが良いと考える傾向にあるようです。

サービスが終了したら読めなくなる

日本の電子書籍の特徴は、ガチガチのセキュリティに守られたサービスです。日本人は著作権に厳しくサービスの質を落としてでも守るほうを優先します。そのため、正規の価格で購入した電子書籍であってもサービスが終了してしまえば読むことができなくなることが多いです。

実際に既に終了し、購入した書籍が読めなくなったサービスがいくつかあります。

無料で読める電子書籍マンガ

なかなか手を出しにくい電子書籍ですが、気軽にタブレットなどで電子書籍を読むことのできるサービス『電子貸本 Renta!』があります。

元々はコミック等を48時間100円程度で電子書籍をレンタルするためのサービスですが、登録不要で無料で読むことのできる電子書籍「だれでも無料」も用意されているのでお試しで読んでみることができます。

まとめ

いくつかのサービスが終わり、その度に購入した電子書籍の扱いについて話題になりました。WEBサービスは短命なものが多いので終了したときのことも考えて購入することをオススメします。そのため、今回のような最初から期間限定で安い価格で提供しているサービスは今の時代にはとてもあっているのではないでしょうか。

また、スマートフォンでも読むことはできますが、電子書籍の閲覧にはやはりある程度大きな画面をオススメします。特に、8インチのサイズは多くの書籍と似たようなサイズなので違和感無く閲覧することができます。

参考 電子書籍リーダーとして使うなら8インチ4:3比率のタブレットが最適!

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事