無料で使える 『0 SIM (ゼロシム) by So-net』 の使いかた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SIMカード

デジモノステーション2月号の付録で『0 SIM (ゼロシム) by So-net』を手に入れたので設定をしてみました。また、この0 SIM (ゼロシム) by So-netは、2016年01月26日より一般販売されています。

0 SIM(ゼロシム)とは?

雑誌デジモノステーション2月号の付録として登場した格安SIM(ドコモ回線網)のSIMカードです。基本料金0円で500MB未満までデータ通信が使用できる優れものであるため Amazon.co.jp などでは一瞬にして売り切れとなり購入できなかったという人が後を絶たないヒット商品です。

かねてから噂がありましたが、2016年01月26日よりSo-net『0 SIM(ゼロシム)』がソネットのWebサイトから購入できることになりました。

料金

『0 SIM(ゼロシム)』は500MB未満までは無料でデータ通信ができる代物ですが、500MB以上になると100MBごとに+100円の料金が発生します。また、SMS付きプランではSMS使用料として+150円、音声付きプランでは音声使用料として+700円が必要です。

また、5GBを超えると月末まで通信速度が制限されます。5GBを超えて高速通信する場合にはチャージが必要になりチャージ料金は100MB:500円、500MB:2,100円、1GB:3,800円となっています。

申し込み

付録版『0 SIM(ゼロシム)』ではnanoSIMデータ通信のみでの提供でしたが、一般販売になったことでSMS付きプラン、音声付きプランの『0 SIM(ゼロシム)』かつ標準SIM、microSIM、nanoSIMが選べるようになりました。

プランやSIMサイズで迷ったら データ+SMSプラン(orデータ+音声プラン) を nanoSIM で申し込むことをオススメします。ただし、この場合は0円にはなりませんので注意してください。

参考 格安SIMで契約する “SIMカード” の選びかた

2016年1月現在では公式サイト「ソニーネットワークコミュニケーションズ」から申し込みを行うことができます。

『0 SIM(ゼロシム)』の設定手順

事前設定

SIMカードを台紙から取り出してスマートフォンへ挿入します。

SIMカードの挿入

最低維持費で使用する設定

500MB未満までのデータ通信であれば無料(データ通信のみ0円でSMS付きは150円、音声付きは700円)で使用することができるので、最低維持費で使いたい場合には、スマートフォン側に通信量の制限を設定しておくことをオススメします。

参考 Androidで使用容量に応じて警告とデータ通信の制限を行う方法
参考 『0 SIM (ゼロシム) 』 とLTEモバイルWi-Fiルーター『MR04LN』の組み合わせが最強だった

APNの設定

『0 SIM (ゼロシム) by So-net』を使用するためにはAPN(アクセスポイント名)の設定が必要になります。

Androidの場合

名前(任意) so-net
APN so-net.jp
ユーザー名 nuro
パスワード nuro
認証タイプ PAPまたはCHAP

参考 スマホで格安SIMを使うために “APN” を設定する方法

iOSデバイスの場合

iPhone4やiPhone4SなどAPNが直接編集できるのであればAndroidと同様にAPNの設定しますが、その他のiPhone/iPadの場合はAPNを直接編集することができないので、あらかじめ用意された APN構成プロファイル をインストールします。

  1. 対象のiPhone/iPadを Wi-Fi でインターネット接続します。
    自宅にWi-Fi環境が無い場合には公衆無線LANを利用して接続することもできます。
  2. http://www.so-net.ne.jp/retail/i/ へアクセスするか、QRコードより “APN構成プロファイル” のダウンロード&インストールを行います。

    so-net「iPhoneのAPN構成プロファイル」

iOSデバイスのAPNの設定方法は以上です。

開通手続き

スマートフォンのブラウザを起動して http://lte.so-net.ne.jp/r/0sim/a/ にアクセスします。

QRコード「so-net開通手続きサイト」

画面に従って『0 SIM (ゼロシム) by So-net』の開通手続き(アクティベーション)を行います。

自宅にWi-Fi環境が無い場合には公衆無線LANを利用して接続することもできます。

専用のアプリ

0 SIM (ゼロシム) by So-netのデータ使用量を確認するアプリが登場しました。

アプリ Osim checker – Google Play の Android アプリ

解約時の注意点

『0 SIM (ゼロシム) by So-net』は自動解約がありえるので注意が必要です。

参考 『0 SIM (ゼロシム) by So-net』の解約は注意しないと3,000円請求されちゃいますよ

まとめ

無料で使えるのはデータ通信のみで500MB未満の場合のみで、それ以上にデータ通信を行うとプランやデータ使用量に応じて500円~2,300円で通信料が発生するので注意が必要です。

サイト ソニーネットワークコミュニケーションズ

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事