『0 SIM (ゼロシム) by So-net』の解約は注意しないと3,000円請求されちゃいますよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SIMカード

ソネットが提供している『0 SIM (ゼロシム) by So-net』は499MB/月まで無料で使えるとあって人気が高いですが、解約すると3,000円請求される可能性があるのでしっかりと対処しておきましょう。

『0 SIM (ゼロシム) by So-net』とは?

ソネットが提供する499MB/月まで無料でつかえるMVNO(格安SIM)なSIMカードです。500MB/月以上使うと課金される仕組みなのであまり使わない人には最適なMVNOでしょう。
もともとは雑誌『デジモノステーション』の付録として提供されていましたが、一般販売されることが決まりました。

参考 ソネットの 『0 SIM (ゼロシム) by So-net』 が一般販売されることになりました

3,000円請求される

MVNO(格安SIM)に限らずキャリアでも携帯電話・スマートフォンに使用しているSIMカードは解約後は返却する必要があります。

参考 解約したMVNOのSIMカードを格安で返送する方法

『0 SIM (ゼロシム) by So-net』の場合は解約後にSIMカードを返却しないと SIM損害金 として 3,000円 が請求されることがあります。

3ヵ月使わないと自動解約される

ここで注意が必要なのが 自動解約 の制度です。

『0 SIM (ゼロシム) by So-net』は最終使用日から 3ヶ月連続 でデータ通信が発生しない場合には 自動解約 されて利用できなくなります。
そのため、スマートフォンにSIMカードを入れたまま忘れてしまうと、いつの間にか自動解約されてしまいSIMカードの返却もしないまま SIM損害金の3,000円を請求 との流れができてしまいます。

したがって、使用しないと決めたら 自分で解約の手続きをとる ことをオススメします。

実際には 何かしらの通知が来る かと思いますが、2016年02月時点では 自動解約 になったSIMは存在しえないのでわかりません。

『0 SIM (ゼロシム) by So-net』の解約方法

『0 SIM (ゼロシム) by So-net』の解約は「ユーザー WEB」へログインして行います。

まとめ

使う使わない かをはっきりと決めて使わないのであれば自主的に解約手続きをとるほうが良いでしょう。
利用時にクレジットカードを登録しているので、「無料だから」や「よくわからないから」と言って通知などを放置しているといつの間にか請求されてしまうことになりかねませんので注意しましょう。

また、使わなくなった『0 SIM (ゼロシム) by So-net』を活用してみてはいかがでしょう。

参考 『0 SIM (ゼロシム) 』 とLTEモバイルWi-Fiルーター『MR04LN』の組み合わせが最強だった

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事