OCNモバイルONEで “https通信のペーシング” が始まったので試してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電波塔

格安SIMを提供するOCNモバイルONEにて、2017年09月27日より “https通信のペーシング” が始まりました。これによって、通信速度の改善が見込まれるとのことなので実際に使ってみました。

https通信のペーシングとは?

暗号化通信の一つである “https” にて通信を行う際、データ量(パケット量)をコントロールする仕組みです。これによって、混雑時などに増大するデータ量(パケット量)を適切に保ち通信速度の改善が期待できます。https通信のペーシングが開始されるにあたって利用者側で特別な操作は必要なく自動的に適用されます。

OCN モバイル ONEでは、https通信のペーシングを2017年9月27日より順次に行われています。

詳細は公式サイト『OCN モバイル ONE』を参照してください。

1週間使ってみて

https通信のペーシングは “順次” に適用されるとの事だったので、開始当初は「速度が改善された」「速度が改善されていない」などと色々あったように思います。また、速度測定する人も多かったでしょうから1週間程度は様子を見てみました。

速度測定にはSpeedtest.netアプリを用いました。このアプリがhttps通信で行われているかは確認できませんでしたが、https通信が多くなってきた昨今ではhttps通信速度が上がれば回線に余裕が生まれ「httpの通信も早くなるだろう」と言う短絡的な思いで実行しています。そのため、結果の信憑性は薄いとお考え下さい。

表示する速度測定結果は、そのスピードを保証するわけではありません。

これまでの通信速度は?

比較としてhttps通信のペーシングが適用されていない2017年9月26日以前の混雑時間帯(昼12時から13時ごろ)に速度測定をしておきました。

速度測定→OCNモバイルONE→2017年09月26日速度測定→OCNモバイルONE→2017年09月26日

代表的な2例を表示していますが、おおむね同様な通信速度です。場所によっては「通信できない」と言う場合もあるので、速度測定が実行できているだけでも早いほうかもしれません。

https通信のペーシングでは?

https通信のペーシングが適用されているであろう2017年9月27日以後の混雑時間帯(昼12時から13時ごろ)に速度測定をしてみました。

速度測定→OCNモバイルONE→2017年09月27日速度測定→OCNモバイルONE→2017年09月27日

最初に “5Mbps” と言う速い速度が出ましたが一度きりで、おおむね “1Mbps” から “2Mbps” と言ったところでしたので、数値上では「速くなっている」と言えます。また、実際にhttpsのWebサイトを閲覧してみても、以前に比べてレスポンスは良くなっているように感じるので一定の効果はあるのでしょう。ただ、劇的にスピードアップしているわけでは無く、どちらかと言えば「通信が安定した」と言ったほうが適しているかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事