mineoがドコモ系MVNOに仲間入り!auとドコモのマルチキャリアMVNOへ進化

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SIMカード

au系MVNOの老舗であるmineoがドコモ系MVNOへ仲間入りし、auと合わせてマルチキャリアMVNOサービスとして新たにスタートします。

mineoと言えばau系MVNO

mineoはサービス開始以来au系のMVNOとして展開していました。当初はプランの少なさや料金の割高感からオススメできるMVNOではありませんでした。しかし、最近はプランの多様性や価格の低下などが進み他のMVNOと変わらぬサービスが提供されていました。

mineoがドコモ系MVNOを始める

mineoが始めるドコモ系MVNOであるドコモプラン(Dプラン)は700円(500MB)、800円(1GB)、900円(3GB)、1,580円(5GB)が用意されています。これに合わせてauプラン(Aプラン)も同料金に値下げされることになりました。

auプランとドコモプランの違い

基本的にドコモプラン(Dプラン)とauプラン(Aプラン)は同一の料金でわかりやすいですが、SMSや音声通話機能を付けると少しドコモプラン(Dプラン)の方が高くなります。

auプラン(Aプラン) ドコモプラン(Dプラン)
データ通信 LTE LTE/3G
音声通話 3G LTE/3G
SMS付き
追加料金
0円 120円
音声通話
追加料金
610円 700円

少々わかりにくいかと思うのでプランについて詳しくまとめてみました。

参考 docomoとauのデュアルMVNOなmineoの料金プランまとめ

SMSの追加料金と音声通話の追加料金は どちらか一方のみ で両方が加算されることはありません。

mineo内のMNPも可能

ドコモプラン(Dプラン)とauプラン(Aプラン)は 1枚のSIMカードで両方使うことはできません
ドコモプランとauプランを切り替える場合にはSIMカードの変更も必要になるので注意してください。また、音声通話機能付きの場合はMNPの扱いとなりますが、MNP転出手数料契約解除料 などは必要なく 変更事務手数料の2,000円のみ で変更が可能です。

まとめ

ドコモ系MVNOのIIJmioが法人向けにau系MVNOを提供していますが、個人向けにドコモ系とau系の両方のMVNOを提供しているのはmineoが日本初です。
現在は、1枚のSIMでdocomo系とau系を両方同時に使用することはできませんが、今後、ハイブリッドに使用できることを期待したいです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事