mineo(マイネオ)でiPhoneが使える兆しが見えてきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SIMカード

これまでau系MVNOであるmineo(マイネオ)ではiPhone(iOS8以降)が使用できないとされていましたが、ここにきて風向きが変わってきました。

ことの経緯

mineo(マイネオ)ではiPhoneが使えない?

もうだいぶ前の話なので忘れてしまった方も多いのかも知れませんが、iPhoneのOSであるiOSが「iOS 8」となった際、mineoで使用しているiPhoneが通信不可となりました。

当時はmineo(マイネオ)側では対処することが不可能と結論付け、Appleに要望すると言う事で一旦は終了しました(ユーザは納得いっていませんでしたが)。

IIJのエンジニアが解決の糸口を発見

docomo系MVNOで有名なIIJmioのエンジニアがAPN構成プロファイルを変更することによって、通信が可能になる(安定する)ことを発見しました。

APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?
http://techlog.iij.ad.jp/archives/1574

簡単に要約すると、au系MVNOでiPhoneを利用する場合、「APN構成プロファイル」と呼ばれる設定ファイルが必要になります。この設定ファイルは書き方が新旧で2通りあり、現在は旧方式で書かれていました。しかし、新方式には旧方式には無いパラメータ(設定値)を設定することができることがわかり、それを設定してみたところ通信が安定したと言った話です。

mineo(マイネオ)でも検証

APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?」での話を受け、mineo側でも検証が行われました。

iPhone・iPadのAPN構成プロファイルの変更による動作確認テストについて(続報)
https://king.mineo.jp/magazines/special/116

こちらも要約すると、構成プロファイルを作成しテストしたところ一部不安定な端末が存在するので今後も継続して調査していくとのことです。
新しい「APN構成プロファイル」を試してみたいという人は上記の記事からダウンロードすることができます。

β版とのことなので注意事項をよく読み納得した上でインストールすることをオススメします。特に現在iOS8未満で利用している人は、この検証のためにiOS8にアップデートすることは控えたほうが良いでしょう。場合によっては結局「使えない」となる可能性もまだまだあります。

まとめ

mineo(マイネオ)でau iPhoneが利用できるようになるのは今後のMVNO業界での選択肢の幅が広がりとても良いことです。IIJmioも個人向けのau系MVNOを開始する予定なので、今後注視しておきたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事