SNS使い放題な『LINEモバイル』がついに登場!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

以前より夏ごろにサービススタートと告知され「いつ?」「いつ?」と待ち焦がれていましたが、2016年09月05日13時にLINEより『LINEモバイル』の発表がありました。LINEの通信料が無料で使い放題になるのでヘビーユーザーには魅力的な内容となっています。

概要

LINEモバイルは、ドコモから回線を借り受けて提供されるMVNO(格安SIM)で、ドコモスマートフォンはもちろんのこと、対応するSIMフリースマートフォンなどで利用できます。また、LINEモバイルでもスマートフォン本体とセットで購入することができます。

料金プランは『LINEフリー』と『コミュニケーションフリー』の2つが発表されました。

料金プラン

LINEフリー

月額500円の料金で1GBのデータ通信料が使えるプランです。データ通信量が1GBと少ないように感じる人も居るかもしれませんが、LINEの無料通話やトークなどLINEの利用に関する通信料が無料となるので、スマートフォンの使用が「LINEメインだ」と言う場合には良いでしょう。

提供されるSIMカードの種類はデータ通信専用SIM、SMS対応SIM、音声対応SIMで、料金はSMS付きが+120円、音声付きは+700円の追加料金が発生します。

データ専用 SMS付き 音声通話付き
1GB 500円 620円 1,200円
高速データ通信残量(1GB)を使い切った場合、最大200kbpsへ速度制限が行われます。
詳細は公式サイト『LINEモバイル 』を参照してください。

コミュニケーションフリー

3GB、5GB、7GB、10GBのデータ通信量を選択でき月額1,110円~の料金で利用できます。LINEフリープランに加えて、TwitterやFacebookの通信料も無料になるプランです。

提供されるSIMカードの種類はSMS対応SIM、音声対応SIMです。

SMS付き 音声通話付き
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円
高速データ通信残量(3GB、5GB、7GB、10GBのいずれか)を使い切った場合、最大200kbpsへ速度制限が行われます。
詳細は公式サイト『LINEモバイル 』を参照してください。

特徴

SNSが使い放題

LINEモバイルでは、トークや無料通話、音楽配信などを含めたLINEの通信料が無料なのは言うまでもなく、コミュニケーションフリープランではTwitterやFacebookなど他のSNSの通信料も無料であるため、SNSに限れば格安で使い放題となっています。

LINEモバイルでは、これを『カウントフリー』と呼んでいます。
詳細は公式サイト『LINEモバイル 』を参照してください。

データ通信のみでも利用可能

LINEのアカウントを作成するためにはSMS認証(またはFacebook認証)が必要ですが、LINEモバイルでは認証の必要なくLINEのアカウントを作成することが可能です。

詳細は公式サイト『LINEモバイル 』を参照してください。

年齢確認ができる

LINEを使うMVNO(格安SIM)ユーザーの悩みと言えば年齢確認(年齢認証)ができないので「ID検索」などの一部機能が使用できない事でしょう。しかし、LINEモバイルでは年齢確認(年齢認証)を行うことができるようになっているのでID検索などの機能をフルに使用することができるようになっています。

LINE→新規作成→年齢確認(年齢認証)

MVNO(格安SIM)でも特定の条件下で年齢確認(年齢認証)を実施することが可能です。
参考 MVNOで『LINEの年齢確認』をする方法
詳細は公式サイト『LINEモバイル 』を参照してください。

9月21日より正式スタート!

2016年09月05日14時から先行して2万件の申し込みを受け付けサービスが提供されていましたが、10月からの予定を前倒しし2016年09月21日より本格販売がスタートしました。

また、最低利用期間は2016年09月05日現在で音声通話SIMのみに適用され利用開始日の翌月を1ヵ月目とし12ヵ月目の末日までです。12ヵ月目の末日までにサービスの解約(MNP含む)を行うと解約手数料として9,800円が発生します。

詳細は公式サイト『LINEモバイル 』を参照してください。

総括

昨今では、高い料金を支払うドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアでもデータ通信量の上限が厳しくなっているので、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSヘビーユーザーには朗報なサービスとなっています。

特に月額費用が安いのでガラケー+LINEモバイルや、現在使用しているスマートフォンと別にSNS専用のスマートフォンやタブレットを持つと言った使いかたも良いでしょう。

参考 日本国内で使い勝手の良いSIMフリースマホを使おう!

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事