短期間だけ使用できるガラケー・スマホの契約はどれなのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未選択

日本の携帯電話(ガラケー)やスマートフォンは短期間だけ契約するのは中々難しいものです。そこで、短期間だけ使用できる携帯電話(ガラケー)やスマートフォンを探してみました。

縛りの無いプランを選択する

ドコモやau、SoftBankなどのキャリアで契約する際には『2年縛り』が課せられると思われがちですが、2年縛りは割引サービスを適用させることによって課せられるものなので、割引サービスを適用させずに正規料金を支払えば、2年未満で解約してしまっても違約金等を支払う必要はありません。

ただし、割引サービスが適用できないので、月々の支払いが非常に高価になってしまうのが難点です。

MVNOを選択する

MVNO(格安SIM)を契約する場合、ドコモやau、SoftBankなどのキャリアほど縛りは厳しくなく、費用も低価格プランが用意されています。

OCNモバイルONE

音声対応SIMカードの最低利用期間・解約違約金については、利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目までの最低利用期間があります。最低利用期間中に音声対応SIMカードを解約される場合、8,000円の解約違約金がかかります。

詳細は公式サイト『OCN モバイル ONE』を参照してください。

IIJmio

音声通話機能付きSIMカードのご利用開始から12ヶ月後以内に音声通話機能を解除した場合、「(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)」の音声通話機能解除調定金が発生します(最低利用期間12ヵ月)。

詳細は公式サイト『IIJmio高速モバイル/Dサービス』を参照してください。

mineo

最低利用期間や解約精算金が発生することはありません。ただし、利用開始月の翌月から12カ月以内にMNP転出する場合、MNP転出手数料12,420円(税込)が発生します。

詳細は公式サイト『mineo』を参照してください。

短期間のみ携帯電話(ガラケー)やスマートフォンを使用したい場合には、mineoの利用が適しているでしょう。特に海外からの一時帰国などであれば、海外で購入したSIMフリースマートフォンを使えば問題なく使用することができます。また、mineoであればドコモ系でもau系でも使用できるのでオススメです。

参考 ガラケーとフィーチャーフォンの違いは?

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事