MVNOでスマホを快適に使うための方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未選択

「MVNO(格安SIM)を利用している!」という人が増えてきた昨今ですが、ドコモスマートフォンなどキャリアから販売されている端末を、そのまま使うのには不便なことがあるので、MVNO専用に設定しましょう。

概要

ドコモが販売しているドコモスマートフォンには、MVNO(格安SIM)での使用が難しくなるよう制限が付けられています。しかし、これらの制限は様々な手法によりを回避することができるようになってきました。

不要なアプリの無効化

ドコモスマートフォンをMVNO(格安SIM)で使用する場合、ドコモサービスで使用するアプリは使用することが無いので無効にすることをオススメします。

参考 アンインストールできないアプリを “スマホ本体” で無効化する方法
参考 スマホ本体から “アンインストール” も “無効” もできないアプリを強制的に無効化する方法

テザリングの有効化

ドコモスマートフォンをMVNO(格安SIM)で使用するとテザリングを使用することができないようになっていますが、これは有効化することができます。

参考 ドコモなXperiaでテザリングがエラーとなってしまう問題の解決方法

LINEの年齢確認

LINEのID検索を使用するには年齢確認(年齢認証)が必要ですが、MVNO(格安SIM)では年齢確認をすることができません。しかし、条件付きで年齢確認(年齢認証)を行うことができる場合があります。

参考 MVNOで『LINEの年齢確認』をする方法

ドコモメールを使う

MVNO(格安SIM)ではドコモのようなキャリアメールは提供されません。しかし、条件付きでドコモメールを使用することができます。

参考 ドコモのメールをMVNOやSIMフリースマホでプッシュ通知/自動受信する方法

GPSの有効化

ドコモスマートフォンをMVNO(格安SIM)で使用すると「GPSが遅い!」「GPSが使えない」などの問題が発生することがあるので、GPSを使用するためには対処が必要です。

参考 ドコモスマホでGPSの測位ができない問題の解決方法

スポンサーリンク

シェアする