格安SIMで契約する “SIMカード” の選びかた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SIMカード

MVNO(格安SIM)でSIMカードを契約する際には “音声対応SIM” や “データ通信SIM” に加え “SMS対応データ通信SIM” など通信の種類を選択するほか、SIMカードのサイズである “標準SIM” or “microSIM” or “nanoSIM” の3つを選択する必要があり「どれを選べば良いかわからない」と言う人も多いでしょう。

SIMカードの種類

MVNO(格安SIM)において「SIMカード」と一言で言っても複数種類が提供されています。大きく分けると “音声対応SIM” と “データ通信SIM” ですが、データ通信SIMの中でも “SMS対応データ通信SIM” があるため、全部で3タイプ存在しています。また、SIMカードには “標準SIM” or “microSIM” or “nanoSIM” と3つのサイズが用意されていることが多いので、それぞれの組み合わせによって合計で9種類のSIMカードが存在することになります。

SIMカードのサイズ

違いは大きさで nanoSIM < microSIM < 標準SIM の順に大きくなっていきます。このサイズは「スマートフォン本体によって決まる」ので、使用を予定している機種に対応したサイズを選ぶのがベストです。使用する機種を変更する際に対応するSIMカードのサイズが変更になることもありますが、SIMカードのサイズは申し込みによって変更することが可能です。

しかし、SIMカードのサイズ変更は有料であることが多いので、頻繁に交換するのはコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。そこで、SIMカードのサイズを変更するための “変換アダプター” が非公式ながら販売されています。この変換アダプターを使用すれば、一番小さなnanoSIMを契約するだけで汎用的に他のサイズに変換することができます。

財布にも入るカード型!SIMカード / microSDカードホルダー Card Storage(microSDカード用USBカードリーダー付き)
pocketgames
¥ 1,980
ただし、変換アダプターの使用は非推奨なので自己責任で使用してください。何がおきても一切の責任は負いません。

音声対応SIM or データ通信SIM

SIMカードのサイズが決まれば使う通信の種類によってSIMカードを選択するだけとなります。これは大きく分けて “音声対応SIM” or “データ通信SIM” となるので「音声通話を使うか否か」で決めれば良いだけです。

次に “データ通信SIM” を選択する場合には “データ通信専用SIM” or “SMS対応データ通信SIM” を選ぶことになりますが、スマートフォンで使用する場合にはセルスタンバイ問題の対策としてSMS対応データ通信SIMの選択をお勧めします。

参考 格安SIMに付きまとう “セルスタンバイ問題” と “アンテナピクト問題” とは何なのか?

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事