MVNOを快適に使うためのライフスタイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未選択

MVNOは『格安SIM』と呼ばれるように月額料金が安価になっています。その反面で昼の速度低下が激しかったりデータ通信量の上限が厳しかったりとデメリットもありますが、日々の生活の中で解消できる場合もあるんです。

Wi-Fiを併用する

MVNO(格安SIM)を利用していると速度が満足に出ない時間帯があったりデータ通信量を気にしたりとする場合がありますが、Wi-Fiのフリースポットを利用したり会社や自宅のWi-Fi環境を併用することで簡単に解消することができます。

特に、自宅にインターネット回線があればWi-Fi環境を構築するのは是非ともオススメしたいことです。

日本電気 AtermWG600HP PA-WG600HP
NEC 2013-07-20
¥ 4,019

昼休みは13時から

昼の時間帯に速度が低下する理由は単純に『利用者が多い』からです。そのため、利用者の多い時間帯を避ければ速度低下に悩む必要はありません。

昼休みの時間は会社の就業規則で決められていることが多いですが、根拠を持って決定されているとは限らず、変更しても問題が無い場合もあります。特に意味も無く12時から昼休みを取得しているのであれば、13時や14時など人とは違った時間にずらして休憩を取得するとのびのびと利用することができます。

最低限のサービスを利用する

MVNO(格安SIM)の為に時間をずらすなんて馬鹿げてると思う人も居るかもしれませんが、そういう人はドコモやau、SoftBankなどのキャリアにお金を払って高品質なサービスを受ければ良いでしょう。
しかし、自分が相手に合わせるだけで格安で最低限のサービスを受けることもできます。どちらを選ぶかは自分のライフスタイルに合わせて選択すると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事