『4K』や『2K』さらに『HD』や『フルHD』の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホーム

家電量販店にテレビを買いに行ったところ “4K” はもちろん “2K” や “HD”、“フルHD” などと書かれていてよくわかりません。また、2016年08月01日よりNHKによる4K・8Kの試験放送が始まりましたが「4Kテレビでは見られない」と聞き驚愕しています。

そもそも『○K』って何?

家電量販店にテレビを買いに行けば「4Kテレビ!」やら「2Kテレビ!」やら、将来的には『8Kテレビだ!』などと言われていますが、そもそも「○Kとは何のことか?」と言うと解像度を指しています。

「解像度とは?」の意味を説明するのは非常に難しいのですが、簡単に言えば「きめの細やかさ」です。同じサイズのディスプレイでも「解像度が高ければ高いほど(数字が大きいほど)細かい表示が可能になる」ので綺麗に表示できると言うことになります。

○Kそれぞれの解像度

4K(3840×2160)

4Kディスプレイの解像度は3840×2160です。なぜこれが4Kと呼ばれているかと言えば、3840が約4000であることから “1000=1K” として4Kと呼ばれています。

このように “K” と言うのは要するに『キロ』を表しています(キログラムなど)。

8K(7680×4320)

将来的に登場が見込まれている8Kディスプレイの解像度は7680×4320です。同じ理屈で7680が約8000であることから8Kと呼ばれています。

2K(1920×1080または2560×1440)

同様に2Kディスプレイの解像度は1920×1080であり、1920が約2000なので2Kと呼ばれています。また、これは『フルHD』と同じ解像度なので「フルHDと2Kは同じもの」と言うことになりますが、最近ではフルHDよりも高解像度な2560×1440と言う解像度を持つディスプレイを “2K” と表記することもあるので、必ずしも「2K=フルHD」では無くなっています。そのため、2Kモニターや2Kディスプレイ、2Kテレビを購入する際には、解像度をよく確認したほうが良いでしょう。

フルHDは “フルハイビジョン” とも呼ばれているので、フルハイビジョン=フルHDと言うことになります。

『フルHD』と『HD』の違いは?

フルHDに対して「HD」と呼ばれるのを聞いたことがあるでしょう。HDは “ハイビジョン” とも呼ばれ、解像度は1280×720です。1280が約1000なので、これまでの例にならえば1Kと言えなくはないでしょう(聞いたことは無いですが)。

HD(ハイビジョン)とフルHD(フルハイビジョン)を「同じもの」と考えていたり「違うものと意識していない」人も多いかと思いますが、明確に違うものとなっているので注意してください。

次世代の高画質 “HDR” とは?

4Kの普及が進んでいない昨今、すでに次世代の高画質 “HDR” が登場し「HDR対応テレビ」などが発売されています。この “HDR” とは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略で、映像の輝度(明るさ)を拡大する技術です。

これまでのテレビでは “明るさ” に関する表現力は低く、自然界の光をうまく表現することはできませんでした。しかし、HDRの登場によって光をよりリアルに映し出すことが可能になりました。このため、昨今のテレビでは「HDR対応」と謳われていることが多くなっています。しかし、「HDR対応」を謳うのに明確な基準があるわけでは無く、HDR信号の入力に対して出力ができていれば “対応” と言えてしまいます。そのため、実際には満足な能力が無い製品もあるので購入する際には注意が必要でしょう。

4K映像を記録した次世代ブルーレイディスクである “ウルトラHDブルーレイ” で採用されている規格は「HDR10」であり、従来の100倍(1万nit)ものピーク輝度を記録できるようになっています。
デジタルカメラの “HDR写真” とは「似て非なるもの」なので注意してください。

4Kテレビで見られるコンテンツは?

4Kのディスプレイを使えば「4Kで映像が見られる」と思われがちですが、4Kディスプレイで2K(フルHD・フルハイビジョン)の動画を見ても「2K動画は2Kの画質しかない」ので4Kの画質で見ることはできません。2K画質の動画は “それ以上(4Kや8K)の解像度を持つディスプレイ” で見ても2Kの画質でしか表示することができません。そのため、4Kやや8Kのテレビを充分に活用するためには、4K画質・8K画質の映像コンテンツが必要になります。

4K放送は見られない?

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見越して、2016年08月01日からNHKによる4K・8Kの試験放送がBS-17と呼ばれるチャネル(チャンネル)で放送されます。「4Kテレビや8Kテレビで見られるでしょ?」と思う人も多いでしょうが、4Kテレビや8Kテレビは「4Kや8Kの映像を表示できる」だけで、4Kや8Kの専用チューナーが内蔵されていないので放送を受信することはできません。しかも、この専用のチューナーは2016年07月時点で家庭用には市販されていないので、一般家庭で4K放送・8K放送を視聴するのは難しいでしょう。

DVDは意味がない?

「大きな画面で迫力ある映画を見たい」と言って4KディスプレイでDVDを視聴する人が居ますが、これはあまり意味がありません。そもそも、DVDの解像度は720×480で記録されています。この解像度で記録された映像を再生時に4:3の時は640×480、16:9の時は853×480に変換して表示されています。

これを4Kテレビで見ると3840×2160に無理やり拡大して表示するので綺麗に見れるわけではありません。ちなみに、720×480は前述したとおりフルHD(フルハイビジョン)はおろかHD(ハイビジョン)ですらないので、昨今の地デジ対応テレビで見るのすら無理があるということです。

デジカメで撮影した写真をパソコンやスマートフォンで拡大してみるとイメージしやすいでしょう。

Blu-ray(ブルーレイ)は?

登場してから日がたつわりには普及していないBlu-ray(ブルーレイ)ですが、多くのBlu-ray(ブルーレイ)では解像度が2K(1920×1080)なので、ようやくフルハイビジョンのディスプレイに適したメディアとなりました。また、昨今では4K対応の次世代ブルーレイディスク規格であるUltra HD Blu-rayが登場したことにより、4Kテレビ(4Kディスプレイ)での視聴に耐えうるコンテンツとなりました。このため、4Kテレビで「性能を最大限に発揮した映像を視聴する」ためには、Ultra HD Blu-ray規格の製品を購入すると良いでしょう。

ちなみに青いので勘違いしやすいですが『Blue-ray』では無く『Blu-ray』が正しい表記となるので注意してください。
スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事