パナソニックが最大10チャネル×28日間の録画に対応した『全自動DIGA』を発売!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホーム

全自動録画と言えば東芝製テレビやレコーダーのREGZAに搭載された機能 “タイムシフトマシン” が有名ですが、パナソニックが発売するレコーダー『DIGA』にも全自動録画機能を搭載したレコーダーが登場しました。

タイムシフトマシンとは?

約2週間程度のTV番組を自動的に録画しておき、見忘れた(見逃した)番組を後から見たり、途中から見始めた番組を最初から見たり、話題になった番組を後から見たりすることがでいる機能です。

東芝が販売しているREGZA(テレビやレコーダー)に搭載されている機能で、他社ではあまり見られない珍しい機能です。

全自動DIGAとは?

予約なしで複数のチャンネルを同時に自動録画するレコーダーです。

自動録画/消去するためのチャネルを初期設定で指定でき、録画や消去の手間がかからない点が特徴です。録画できるチャネル数は機種によって異なり、『DMR-BRX7020』は最大10チャンネル×28日間、『DMR-BRX4020』は最大6チャンネル×36日間、『DMR-BRX2020』は最大6チャンネル×16日間となっています。

7TB 11チューナー ブルーレイレコーダー 全録 10チャンネル同時録画 4Kアップコンバート対応 DMR-BRX7020
パナソニック 2016-05-20
¥ 235,440
4TB 7チューナー ブルーレイレコーダー 全録 6チャンネル同時録画 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRX4020
パナソニック 2016-05-20
¥ 170,640
2TB 7チューナー ブルーレイレコーダー 全録 6チャンネル同時録画 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRX2020
パナソニック 2016-05-20
¥ 107,784

また、外出先でもスマートフォン/タブレットからアクセスして、リアルタイムの放送や録画番組を楽しめる『外からどこでもスマホで視聴』に対応しています。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事