予約せずに “ニンテンドースイッチ” を買ってきた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム

任天堂のゲーム機は据え置き型よりも3DSなどの携帯型が好みなので “Nintendo Switch” を買う予定は無かったんですが、ふと近くを通りかかった某店舗で売っていたので衝動買いしてみました。

My Nintendo Storeで販売再開

2017年04月21日(金)以降に、My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)にて販売が開始されると言う告知がなされていたので、「店頭にも並ぶのか?」と思い近くの某おもちゃ屋を偵察に行ったところ購入者用の列ができていました。

その店舗では販売台数も明記されており、並んでいる人数をカウントしたところ(結構)余裕で購入できそうだったので1時間ほど並んで購入できました。と言っても、並んでから列はあまり伸びなかったので並ばなくてもギリギリ購入できたかもしれません。

どっちのカラーを選ぶ?

販売されていたのは “グレー” と “ブルー/レッド” の両方でした。入荷数に違いがあり “ブルー/レッド” の方が多かったです。ただ、購入希望も “ブルー/レッド” のほうが多かったので店舗の発注計画は当たりのようです。

当初であれば「買うなら “グレー” かな」と思っていましたが、購入者の話を聞いていみると「意外と “ブルー/レッド” も良いな」と思うようになり、結局のところ “ブルー/レッド” を購入しました。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

※Nintendo Switchの定価は29,980円(税込32,378円)なので注意してください。

Nintendo Switch本体の保証書は、外箱(化粧箱)となっているので破棄しないよう注意してください。

一緒に買うもの

今回購入したNintendo Switch本体は、もちろん転売目的では無く自分自身で遊ぶために購入しました。そのため、ゲームソフト(ゲームタイトル)も一緒に購入しました。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

同時購入したのはゲームソフトだけですが、購入予定の周辺商品として “キャリングケース” や “保護フィルム” があります。Nintendo Switchは据え置き型だけでなく携帯することもできるので用意したほうが良いでしょう。

貼りやすい液晶保護フィルム ピタ貼り for Nintendo Switch
貼りやすい液晶保護フィルム ピタ貼り for Nintendo Switch

また、携帯モードでは無くTVモードなどをメインに遊ぶのであればProコントローラーが操作しやすいようです。

Nintendo Switch Proコントローラー
Nintendo Switch Proコントローラー

加えて、自宅にWi-Fi(無線LAN)環境が整っていない場合には、ニンテンドースイッチを有線LANで接続できるアダプターもあります。

【Nintendo Switch対応】LANアダプター for Nitendo Switch
LANアダプター for Nitendo Switch

その他、ACアダプターやHDMIケーブルなど最低限に必要な付属品は同梱されているので、別途購入する必要はありません。

Nintendo SwitchドッグやACアダプターなどを接続する “USB Type-C端子” に埃が入るのが嫌な場合にはキャップを取り付けると良いでしょう。
参考 USB Type-Cに蓋をする方法

まだ品薄は続くのか?

実際に購入してみた感想としては「予約なしで」「並ばずに」購入できるチャンスは増えてきたんじゃないかと思います。入荷数のハッキリとした数字は明記しませんが、少なくない台数が入荷していたので、場所によっては争奪戦にはならず普通に購入できるのではないでしょうか。特に都市部近郊であれば、その可能性はさらに高いでしょう。

ただ、マリオカート8デラックス(2017年4月28日発売)やスプラトゥーン2(2017年7月21日発売)など人気タイトルの発売が予定されているので、それに備えて購入する人も増えてくる可能性があります。購入を予定している人は手に入るときに手にした方が良いでしょう。

購入の穴場は?

インターネットショッピング(オンラインショッピング)での購入を考えている場合には、販売開始と同時に日本全国で争奪戦になるので、会員登録などは事前に済ませてスムーズに決済まで完了できるようにしておくと良いでしょう。

店舗で購入する場合には、都市部では無く近郊の店舗を狙うと入手できる可能性が高まります。また、大手販売店では無くゲーム機の取り扱いがあるスーパー(イトーヨーカドーやイオンなど)を狙うのも手でしょう。

もちろん、必ず購入できるわけでは無いので「どうしても手に入れたい」と言う場合には2重3重に購入経路を用意しておくことをおススメします。

スポンサーリンク

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事