[Switch] ニンテンドースイッチにおけるバッテリー残量の確認と充電方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム

ニンテンドースイッチは据え置き型だけでなく “携帯モード” で持ち運びもできます。そのため、バッテリーが内蔵されているので充電して使用しますが、充電の仕方にルールがあるので理解しておかないとイザと言う時に「充電されていなかった!」と言ったことが発生してしまいます。

バッテリーが搭載されている箇所

ニンテンドースイッチのバッテリーは “本体” に搭載されていますが、TVモードやテーブルモードで使用できるよう左右の “Joy-Con” にも1つずつ搭載されています。

このため、「携帯モードでは “本体” のバッテリーを確認する」「TVモードやテーブルモードでは “本体” および “Joy-Con” のバッテリーを確認する」と言ったようにプレイモードに応じてバッテリーの残量をチェックしておく必要があります。

バッテリーを確認する手順

ニンテンドースイッチ本体

  1. 本体のホーム画面より上部に表示されている “バッテリーアイコン” で確認することができます。

    ニンテンドースイッチ→ホーム

  2. また、数値にて “パーセント表示” で確認することもできます。
    参考 ニンテンドースイッチのバッテリー残量を “パーセント表示” にする方法

    ニンテンドースイッチ→ホーム

Joy-Con

  1. ニンテンドースイッチのホームより『コントローラー』を選択します。

    ニンテンドースイッチ→ホーム

  2. コントローラーより “Joy-Con” 等のバッテリー残量を確認することができます。

    ニンテンドースイッチ→コントローラー

    画像は “携帯モード” の場合です。
    本体のバッテリー残量も表示されます。
  3. TVモードやテーブルモードなどでJoy-Conを取り外している時には左下に表示されます。

    ニンテンドースイッチ→コントローラー

    表示されない場合には接続されていない可能性があるので、コントローラーの “L” や “R” を押して無線接続してみてください。

ニンテンドースイッチ本体やJoy-Conのバッテリーを確認するやり方は以上です。

充電の仕組み

本体を充電する

ニンテンドースイッチの充電は「Nintendo Switchドックにセットする」だけでなく、ドックを使用しないで「ACアダプターに直接接続する」ことで充電することができます。

ニンテンドースイッチ→コントローラー→充電

外出時に “携帯モード” や “テーブルモード” でプレイする場合には、Nintendo Switchドックを持ち運ぶ必要はありません。

Joy-Conを充電する

ニンテンドースイッチ本体の充電は難しいことはありませんが、Joy-Conの充電には一定のルールがあります。

本体と一緒に充電する

Joy-Conをニンテンドースイッチ本体にセットし、本体を充電状態にすると “本体” に加えて “Joy-Con” も一緒に充電されます。

ニンテンドースイッチ→コントローラー→充電

本体から充電する

Joy-Conをバッテリー残量が少ない状態でニンテンドースイッチ本体にセットすると、本体のバッテリーから “Joy-Con” に充電が行われます。

ニンテンドースイッチ→コントローラー→充電

ただし、本体のバッテリー残量が減りすぎないようJoy-Conの充電は半分程度に抑えられます。

単体で充電する

ニンテンドースイッチ本体に同梱されているセット(周辺機器)を用いて「Joy-Conのみを充電する方法」は存在しません。そのため、前述した方法で充電するか、別売りされている “Joy-Con充電グリップ” などの周辺機器を購入する必要があります。

Joy-Con充電グリップ HAC-A-ESSKA
Joy-Con充電グリップ HAC-A-ESSKA

※Joy-Con充電グリップの定価は2,480円(税抜き)です。

ニンテンドースイッチの “本体” および “Joy-Con” のバッテリー残量が少なくなると、画面左上に警告が音と共に表示されます。警告が表示されても、しばらくはプレイし続けることはできますが、使用されているリチウムイオンバッテリーは残量が少ないと劣化が進むので、できるだけ早く充電するように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事