[Switch] ニンテンドースイッチで “機内モード” を使う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム

ニンテンドースイッチは、その性質上さまざまな電波を用いた無線技術が使われています。そのため航空機(飛行機)内で使用する際には「機内モード」と呼ばれる無線電波を発しないモードで使用することが必要です。

スイッチに使われている無線技術

ニンテンドースイッチが発する電波は、インターネット接続を行う “Wi-Fi(無線LAN)” はもちろん、本体とJoy-Conをつなぐ “Bluetooth” や amiibo(アミーボ)と通信するための “NFC” があります。

これらの無線通信機能は、航空機の安全航行のため航空法によって使用が禁止されており、使用すると処罰の対象となるので注意してください。

このため、ニンテンドースイッチには無線電波を発しない機内モードが搭載されています。

厳密には上空を飛行中など一部の条件によって使えることもありますが、今後に変更となる可能性もあるので「使えない」と認識しておいた方が良いでしょう。

機内モードの注意点

本体とJoy-Conにおける通信環境はプレイモードによって変わります。

本体とJoy-Conが「常にBluetoothで無線接続されている」と誤解している人が多いようですが、ニンテンドースイッチ本体やJoy-Conのレール(下部)を注意深く見ると金属製の接続端子を見ることができます。このため、本体にJoy-Conをセットして遊ぶ “携帯モード” の場合に直接接続(金属端子による有線接続)されるため電波を発しませんが、本体からJoy-Conを取り外して遊ぶ “テーブルモード” ではBluetooth通信が行われます。

したがって、機内モードに設定中は “テーブルモード” でのプレイは不可となり、携帯モードでのみプレイ可能となります。

ニンテンドースイッチ本体やJoy-Conの接続端子を「有線ケーブルで接続する周辺機器」が登場するかもと思いましたが、そうするとテーブルモードとケータイモードの識別が難しくなるので無理かもしれません。

機内モードの設定手順

  1. ニンテンドースイッチ本体のホームより『設定』を選択します。

    ニンテンドースイッチ→ホーム

  2. 設定の “機内モード” より『機内モード』をオンに設定します。

    ニンテンドースイッチ→設定→機内モード

    ニンテンドースイッチ本体からJoy-Conを取り外していると、注意ダイアログが表示されるので画面の指示に従ってJoy-Conをセットしましょう。
  3. デフォルトでは “Wi-Fi(無線LAN)” や “Bluetooth” に “NFC” と全ての電波が『使わない』に設定されています。

    ニンテンドースイッチ→設定→機内モード

  4. 航空機が上空を飛行中などで、利用を許可された場合には個別に『使う』に設定することも可能です。

    ニンテンドースイッチ→設定→機内モード

    昨今では航空機内でもWi-Fi(無線LAN)が使用可能な場合がありますが、利用する際には客室乗務員の指示に従いましょう。

ニンテンドースイッチで機内モードを設定するやり方は以上です。

機内モードに設定すると電波が発せられなくなるのでバッテリー消費の節約にも繋がるでしょう。旅行中などで携帯モードがメインにプレイモードになる場合には念のため機内モードに設定しておけば少しは長く遊べるかもしれません。