忘れないで!3DSのスーファミ エディションの締め切り迫る!【4月27日まで】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム

任天堂では、これまでにも新しいハードに対して古いハードのデザインを取り入れる試みが行われてきましたが、今度はスーパーファミコンデザインの『Newニンテンドー3DS LL』が発売します。

受注販売のみ

発売されるスーパーファミコンデザインの『Newニンテンドー3DS LL』は受注販売のみなので一般の量販店では販売されることなく任天堂の公式サイトでのみ販売されます。

受注の受け付けは2016年04月27日11時59分までで、商品が手元に届くのは2016年07月下旬以降順次となっています。

金額は21,600円で送料514円が別途必要です。

公式サイト『Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコン エディション |ニンテンドー3DS|Nintendo

VCにスーパーファミコンが登場

スーパーファミコンデザインの『Newニンテンドー3DS LL』発売に合わせて?VC(バーチャルコンソール)として、スーパーファミコンのタイトル『スーパーマリオワールド(ダウンロード版:823円)』、『F-ZERO(ダウンロード版:823円)』、『スーパードンキーコング(ダウンロード版:823円)』、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース(ダウンロード版:926円)』、『MOTHER2 ギーグの逆襲(ダウンロード版:926円)』が2016年03月04日から配信されます。

価格はすべて税込みです。また、Newニンテンドー3DS専用なので注意してください。

スペックの問題なのでしょうが、バーチャルコンソールのスーパーファミコンソフトがNewニンテンドー3DS専用と言うのはいただけません。
バーチャルコンソールに関してはハードによって『できる/できない』が異なるので、購入する際にはよく確認した方が良いでしょう。

参考 レトロゲームがプレイできるゲーム機本体の互換機

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事