iTunes for WindowsをWindows10にインストールする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple

放置していたiPhone 5sをまた使い始めようとおもったら、アップデートしたWindows10へiTunesすらインストールしていないことに気が付きました。せっかくなので備忘録的に残しておきます。

iTunes for Windowsとは?

元々は音楽や動画の再生ソフトとして使われていましたが、iPodが発売されてからは管理ツールとしての意味合いが強くなっています。iPhoneやiPadもiPod同様に管理することのできるソフトウェアです。

iTunes for Windowsはその名の通りiTunesをWindows上で動作させることのできるApple公式のソフトウェアです。

ダウンロード

Apple公式ソフトウェアなのでAppleの公式サイトからダウンロードすることが出来ます。

  1. Apple公式サイト「iTunes – iTunesを今すぐダウンロード – Apple(日本)」へアクセスし 今すぐダウンロード をクリックします。

    Web「Apple→iTunesダウンロード」

    ダウンロードファイルは自動選択されるのでインストール対象のWindowsからサイトにアクセスしダウンロードすることをオススメします。
    メールアドレスの入力は任意です。
  2. ダウンロードが開始されます。

ダウロードは以上です。

インストール

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし起動すると“iTunesへようこそ”と表示されるのでインストールを続行する場合には 次へ をクリックします。

    Win10「iTunesのインストール」

  2. インストールオプションを任意に設定し インストール をクリックします。

    Win10「iTunesのインストール→インストールオプションの選択」

  3. “おめでとうございます”と表示されればインストール完了です。

    Win10「iTunesのインストール→インストール完了」

インストールは以上です。

Apple IDの作成

itunesを使用するためにはApple IDが必要です。Apple IDの作成は以下を参照してください。

参考 クレジットカードなしでApple IDを作成する方法

壊れやすいLightningケーブルの対策

予備を用意しよう

Lightningケーブルは1本付属していますが、純正のLightningケーブルは高価なわりに壊れやすいのでサードパーティー製のケーブルを購入しておくと便利です。

Anker ライトニングUSBケーブル A7101021
Anker

また、木製の温かみのあるLightningケーブルもオススメです。

参考 木と金属の組み合わせで作られているガジェットたち

iTunesとWi-Fiで接続する

iOSデバイスとiTunesはWi-Fi経由で接続することが可能です。

まとめ

iTunesをインストールするとiTunesだけでなく関連するソフトウェアも自動的にインストールされます。そのため、iTunesを何らかの理由によりアンインストールしたい場合には、それらのソフトウェアも一緒にアンインストールすることをオススメします。

  • iTunes
  • Bonjour
  • Apple Mobile Device Support
  • Apple Application Support(32ビット)
  • Apple Application Support(64ビット)
  • Apple Software Update

Windows10でのアンインストールのやり方は「ストアからダウンロードしたアプリやプログラムをアンインストールする方法」を参照してください。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事