iPhone/iPadなどのiOSデバイスのデータをバックアップする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple

Androidでは苦戦するバックアップですが、iPhone/iPadなどのiOSデバイスはiTunesと言う公式アプリケーションがあるので比較的簡単にバックアップすることが可能です。また、本体とiCloudを使うとパソコンを使わなくともバックアップをすることが可能です。

iOSデバイスのバックアップ概要

iphone/iPadなどのiOSデバイスをバックアップするやり方は2つあります。1つはパソコンを使ってバックアップする方法、もう1つはiCloudを使って本体でバックアップする方法です。

パソコンを使ってバックアップするやり方ではWindowsやMacなどのパソコンが必要です。Wi-Fi経由でもできますが、できればLightningケーブルなどでUSB接続したほうが確実です。
それに対してiCloudを使ってバックアップするやり方ではWi-Fiが必要になりますので、自宅などにWi-Fi環境が必要になります。

iSOデバイスをバックアップする

パソコンを使ってバックアップする方法

事前準備

パソコンを使ってiOSデバイスをバックアップするにはパソコンにiTunesがインストールされている必要があります。

バックアップの実行

  1. iTunesを起動しパソコンとiOSデバイス(iPhoneやiPadなど)をLightningケーブルで接続すると、画面左上のアイコンに デバイスのアイコン (画像はiPhone)が追加されるのでクリックします。

    iTunes「iPhoneと接続」

  2. サイドメニューの概要を表示させるとバックアップとあるので、自動的にバックアップ欄の このコンピュータ にチェックし 今すぐバックアップ をクリックします。

    iTunes「iPhoneと接続→バックアップ」

パソコンを使ってバックアップする方法は以上です。

本体でバックアップする方法

事前準備

本体でバックアップするにはWi-Fi環境が必要です。

注意点

バックアップが自動実行されるには条件があり、以下の条件を満たすときに自動的にバックアップが作成されます(手動で実行することも可能です)。

  • 電源に接続されていること
  • ロックされていること
  • Wi-Fiに接続されていること

また、パソコンでのバックアップは完全バックアップですが、本体でのバックアップは 重要なファイルのみ のバックアップとなります。加えて、本体でのバックアップを有効にするとパソコンでの自動バックアップが無効になります。

バックアップの実行

  1. 設定より iCloud をタップします。

    iphone「iOS9.1→設定」

  2. iCloudより バックアップ をタップします。

    iphone「iOS9.1→設定→iCloud」

  3. バックアップより オフ の状態からオンに変更します。

    iphone「iOS9.1→設定→iCloud→バックアップ→オフ」

  4. 注意事項がダイアログで表示されますので、内容をよく読み問題がなければ OK をタップします。

    iphone「iOS9.1→設定→iCloud→バックアップ→注意事項のダイアログ」

  5. バックアップがオンになりました。手動でバックアップを実行する場合は 今すぐバックアップを作成 をタップします。

    iphone「iOS9.1→設定→iCloud→バックアップ→オン」

本体でバックアップする方法は以上です。

iSOデバイスを復元する

iPhoneを初期化したり機種変更してもiTunesにバックアップデータがあれば最後にバックアップを行った状態に復元(レストア)することができます。

『iPhoneを探す』をオフにする

iTunesのバックアップデータを復元するためには『iPhoneを探す』をオフに設定する必要があります。

バックアップデータの復元

最新バックアップデータ

iPhoneのセットアップが終わったらitunesと接続してバックアップデータを復元することができます。

  1. パソコンでiTunesを起動しLightningケーブルでパソコンとiPhoneを接続するとバックアップを復元するか問われるので復元する場合には このバックアップから復元 をチェック、プルダウンから復元するデータ を選択し 続ける をクリックします。

    iTunes「新しいiPhoneへの復元」

  2. “お使いのiPhone用の設定が復元されました。”と表示されたらケーブルを接続したままiPhoneが再起動するのを待ちます。

    iTunes「お使いのiPhone用の設定が復元されました。」

  3. iPhoneが再起動したらiPhoneの画面に従って操作を行います。

初期化や機種変更したiPhoneへ復元する方法は以上です。

過去のバックアップデータ

何らかの理由により、過去にバックアップしたデータを復元したくなる時があると思います。iTunesにバックアップしたデータは何代かにわたって保存されているので過去のバックアップデータから復元させることが可能です。

  1. iTunesを起動しパソコンとiOSデバイス(iPhoneやiPadなど)をLightningケーブルで接続すると、画面左上のアイコンに デバイスのアイコン (画像はiPhone)が追加されるのでクリックします。

    iTunes「iPhoneと接続」

  2. サイドメニューの概要を表示させると手動でバックアップ/復元とあるので、 バックアップを復元 をクリックします。

    iTunes「iPhoneと接続→バックアップ」

  3. バックアップから復元ダイアログが表示されるので プルダウンから復元したいデータ を選択し 復元 をクリックします。

    iTunes「復元データの選択」

  4. “お使いのiPhone用の設定が復元されました。”と表示されたらケーブルを接続したままiPhoneが再起動するのを待ちます。

    iTunes「お使いのiPhone用の設定が復元されました。」

iPhoneが再起動したらiPhoneの画面に従って操作を行います。

まとめ

本体でのバックアップを有効にするとパソコンでのバックアップができなくなるところが注意点です。また、パソコンでは完全バックアップが可能ですが本体バックアップは重要なデータのみになるので、可能であればパソコンでのバックアップをオススメします。

iTunesでこまめにバックアップをしておけば、たとえiPhoneが故障したり紛失したり盗難にあっても中のデータを復元させることが可能です。データのバックアップはこまめに行っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする