iPhone8シリーズに加えてiPhone Xが登場!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple iPhone8

2017年09月12日(日本時間13日)にAppleより2017年の新型iPhoneシリーズとして “iPhone8” と “iPhone8 Plus” に加え “iPhone X” が発表されました。

概要

iPhone8シリーズとして登場したのが、基本となるiPhone8と大画面モデルとなるiPhone8 Plusです。これらの2機種はこれまでと同様のコンセプトですが、これまでと明らかに違うのがiPhone Xです。

iPhone Xはの “X” は「エックス」では無く「テン」を示すようです。

基本スペック

発表された3機種は、それぞれに特徴をもった機種となっています。

X 8 Plus 8
SoC A11 Bionic A11 Bionic A11 Bionic
液晶 5.8インチ
HDR対応 有機EL
(Super Retina HD)
5.5インチ LCD
(Retina HD)
4.7インチ LCD
(Retina HD)
解像度 2436×1125 1920×1080 1334×750
内部ストレージ 64GB
256GB
64GB
256GB
64GB
256GB
カメラ 背面:1,200万画素
(広角・望遠)
前面:700万画素
背面:1,200万画素
(広角・望遠)
前面:700万画素
背面:1,200万画素
前面:700万画素
本体カラー シルバー
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
非接触IC NFC
FeliCa
NFC
FeliCa
NFC
FeliCa
Wi-Fi MIMO対応
802.11ac
MIMO対応
802.11ac
MIMO対応
802.11ac
Bluetooth 5.0 5.0 5.0
生体認証 Face ID
(顔認証)
Touch ID
(指紋認証)
Touch ID
(指紋認証)
SIMサイズ nano SIM nano SIM nano SIM
その他 Qi対応
防沫・耐水・防塵
4Kビデオ撮影
Qi対応
防沫・耐水・防塵
4Kビデオ撮影
Qi対応
防沫・耐水・防塵
4Kビデオ撮影

画面サイズと本体サイズ

一番にわかりやすい違いは “画面サイズ” で、iPhone Xが一番大きく次点でiPhone8 Plusとなり最後にiPhone8となっています(解像度も同様)。しかし、iPhone Xはベゼルレスとなっているため、画面サイズが本体サイズとイコールにならない点に注意が必要です。加えて、iPhone Xのみ “有機EL” を搭載するなど最上位モデルの貫禄が伺えます。

デュアルカメラ

iPhone 7 Plusにも搭載されていたデュアルカメラが、iPhone8 Plus及びiPhone Xにも同様に搭載されました。Phone8のみシングルカメラなのが残念なポイントでしょう。iPhone8(iPhone X)では、このデュアルカメラによって広角カメラと望遠カメラの両方を使うことができるので、幅広い写真(画像)を撮ることができます。

ワイヤレス充電

意外に感じたポイントとしては、ワイヤレス充電のQiに対応している点です。Androidスマートフォンでは、これまでにも搭載した機種が発売されたことがありましたが、あまり話題になることなく廃れた印象がありました。しかし、iPhoneシリーズに搭載されたことで今後の動向に注視したいです。

ホームボタンの廃止

iPhoneの一番の特徴であったホームボタンが、iPhone Xに限り廃止されました。これによって操作が大きく異なることになるので注意が必要です。

このホームボタンの廃止は生体認証にも影響しており、iPhone Xに限り顔認証が使われています(指紋認証は使えない)。

総括

iPhone Xには驚かされました。ベゼルレスに加えホームボタンの廃止などによって見た目の印象も大きく変わっています。Androidスマートフォンでは同様の機種がいくつか販売されているので、珍しいわけでは無いですが、iPhoneシリーズとなると目新しさがあるのが不思議なものです。

日本国内では、当然のようにNTTドコモを始めauとソフトバンクでの取り扱いが決まっているようです。それぞれの公式サイトで取り扱いが発表されているので、予約は購入などは公式サイトを参照してください。

サイト ドコモオンラインショップで予約・購入する | ご購入方法 | iPhone | NTTドコモ
サイト iPhone | オンラインショップ | ソフトバンク

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事