[iOS9] お休みモードを設定して安眠を確保する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple

夜中だろうと気にすることなく電話やメールをしてくる人がいます。また、アプリから通知が届いて安眠できない人も多いでしょう。なので寝ているときはiPhoneが鳴らないように制御してしまいましょう(緊急の連絡は鳴らすようにできます)。

お休みモードとは?

iPhoneシリーズには お休みモード と呼ばれる便利な機能が標準で備わっています。これは指定した時刻の間だけ 着信や通知 が鳴らなくなるモードです。
そのため、就寝予定時刻などを指定しておけば就寝時に着信や通知で起こされることも無くなります。

緊急時の連絡は鳴らすようにもできるので安心して設定することができます。

お休みモードを設定する

お休みモードの設定は 今すぐに開始する時刻の指定 の2種類があります。

すぐに開始する場合

会社の会議などで着信や通知が鳴っては困るという場合には すぐに開始 することができます。

  1. iPhoneの設定より お休みモード をタップします。

    iPhone→iOS9.1→設定→お休みモード

  2. お休みモードより 今すぐオン/オフオン にするとお休みモードが開始されます。

    iPhone→iOS9.1→お休みモード→今すぐオンオフ

  3. ロック中に着信や通知が鳴らなくなります。

指定時刻の間に開始する場合

就寝時など決まった時間に鳴らないようにしたい場合には 時間指定 を行います。

  1. iPhoneの設定より お休みモード をタップします。

    iPhone→iOS9.1→設定→お休みモード

  2. お休みモードより 時間指定オン にし、開始/終了の項目が表示されるのでお休みモードの 開始時刻と終了時刻 を設定します。

    iPhone→iOS9.1→お休みモード→時刻指定

  3. 指定した時刻の間だけロック中に着信や通知が鳴らなくなります。

お休みモードでも着信したい場合

緊急の連絡が来るなどの理由で、お休みモードを設定していても着信を知りたい人がいる場合には、お休みモードを無視する人を設定しておくことができます。

  1. iPhoneの設定より お休みモード をタップします。

    iPhone→iOS9.1→設定→お休みモード

  2. お休みモードより 着信を許可 をタップします。

    iPhone→iOS9.1→お休みモード→着信の許可

  3. 着信を許可より 許可する項目 を選択します。

    iPhone→iOS9.1→お休みモード→着信を許可→許可する項目

    よく使う項目 は電話アプリから設定できます。
  4. 着信を許可に設定した項目のみ鳴ります。

繰り返し着信した時の挙動

緊急の電話をする場合、相手が出ないと短い間隔で何度も電話をかけることがあると思いますが、そういった場合にのみ着信させることもできます。

  1. iPhoneの設定より お休みモード をタップします。

    iPhone→iOS9.1→設定→お休みモード

  2. お休みモードより 繰り返しの着信オン にします。

    iPhone→iOS9.1→お休みモード→繰り返しの着信

  3. 同じ人から3分以内に2度目の着信があったときのみ鳴るようになります。

まとめ

本当に緊急の連絡はメールやLINEなどでは無く電話での着信が多いと思うので電話の着信にだけ気を付けておけば、あとは起床後に対応しても問題は無いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事