[iOS] iPhoneで不要に追跡されないようにする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple

iPhone/iPadでGPSのオン/オフを切り替えようとすると、設定の奥深くにあり切り替えるのが億劫にになるので、常時オンでも必要以上にGPSを使用されないよう設定してみました。

スマホにおけるGPSとは?

スマートフォンにおけるGPSについては以下を参照してください。

参考 スマホの “位置情報” を設定する方法

位置情報サービスをオフにする弊害

iPhone/iPadには紛失時に自分のiPhone/iPadのありかを探すことのできるサービスが提供されていますが、 位置情報サービスがオフ だとサービスを満足に生かすことが出来なくなってしまいます。そのため、iPhoneをはじめとしたスマートフォンでは位置情報サービスはオンにしておくことをオススメします。

位置情報サービスを常にオンにしてくことに抵抗を感じる人は多くいますが、たとえ位置情報サービスをオンにしても適切な設定をしておけば不要に追跡されることを防ぐことができます。

位置情報サービスの設定方法

iPhone/iPadの位置情報サービスはデフォルトで オン になっています。

  1. 設定より プライバシー をタップします。

    iPhone設定「プライバシー」

  2. プライバシーより 位置情報サービス をタップします。

    iPhone設定「位置情報サービス」

  3. 位置情報サービスより 位置情報サービスオン にします。

    iPhone設定「位置情報サービス」オン

位置情報サービスの設定は以上です。

位置情報サービスの利用可否を設定する

自分の位置情報を共有をオフにする方法

iPhone/iPadには待ち合わせなどに便利な「友だちを探す」機能が搭載されていますが、適切に利用されれば便利な機能でしょうが悪意を持って利用される可能性もありますので 特に理由が無い限りはオフ にしておくことをオススメします。

  1. 位置情報サービスより 自分の位置情報を共有 をタップします。

    自分の位置情報を共有

  2. 自分の位置情報を共有より 位置情報を共有オフ に設定します。

    iPhone「位置情報サービス→位置情報を共有」

自分の位置情報を共有をオフにするやり方は以上です。

アプリによる利用可否を設定する方法

iPhone/iPadでは設定より位置情報サービスを利用させるか否かを 各アプリごとに設定する ことができます。そのため、位置情報サービスを使用させたくないアプリのみ位置情報サービスをオフにすることが出来ます。

全般

  1. 位置情報サービスより 対象のアプリ をタップします。

    iPhone設定「位置情報サービス」各アプリの設定

  2. 対象のアプリより このAppの使用中のみ許可 を選択します。

    iPhone「このAppの使用中のみ許可」

    一度すべてのアプリを 許可しない に設定してから位置情報サービスを利用させるアプリのみ このAppの使用中のみ許可 に設定するとわかりやすいでしょう。

注意

カメラアプリを このAppの使用中のみ許可 に設定しておくと撮影した画像に位置情報が埋め込まれてしまいます(これを ジオタグ と呼びます)。

ジオタグは どこの場所で撮影された画像なのかを記録するものなので 画像の撮影場所を特定する ことができます。そのため、旅行など観光地で撮影した画像に位置情報が埋め込まれるのは思い出になるので良いでしょうが、自宅などで撮影した画像に位置情報が埋め込まれるとFacebookやTwitterにアップロードした画像から 不特定多数の第三者に自宅の場所が特定されてしまう ことになります。

そのため、特に理由が無い限りは 許可しない にしておく事をオススメします。

参考 スマホのカメラを使うなら “ジオタグ” に注意!

システムサービスによる利用可否を設定する方法<

iPhoneの機能で利用される位置情報サービスを設定することができます。デフォルトのままで利用する方がiPhone/iPadの機能を十分に発揮できるでしょうが、不要な場合にはオフに設定することができます。

ただし、iPhoneを探す については オン にしておくことを強くオススメします。

iPhone「位置情報サービス→システム→iPhoneを探す」

MVNOでもA-GPSは動作する

XperiaなどドコモなAndroidスマートフォンをMVNO(格安SIM)で使用するとA-GPSと呼ばれる GPSのアシスト機能が動作せず にGPSによる位置特定が遅くなる問題があります。

参考 ドコモスマホでGPSの測位ができない問題の解決方法

しかし、iPhoneではMVNO(格安SIM)を使用してもA-GPSは正常に機能しているようでGPSの測位は1分とかからずに終了し位置の特定ができます。

A-GPSを使用するためには SMS付きSIM または 音声対応SIM が必要なので注意してください。

まとめ

設定が奥深くにあり頻繁にオン・オフするものではないということから iPhoneでは位置情報サービスを常にオン にしておくことが前提になっているようです。
AndroidではGPSのオン/オフがすぐにできるようになっているので使用するとき以外はオフにしていましたが、iPhoneを使用するようになってからは 常にオン にするようになりました。
常にオンにしていることでスマートフォンが スマートフォンのあるべき姿に近づいた のではないかと感じるぐらいに便利になりました。位置情報サービスというのはプライバシーの観点から常にオンにすることに抵抗を感じるかもしれませんが気にならないのであれば常にオンにしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事