iPhoneで画面の表示時間を変更する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple

スマートフォンは、無操作(何も操作していない)の状態にしておくと、画面のバックライトが消灯し、画面がオフになってスリープ状態に移行します。これはバッテリーを節約する上で便利な機能ですが、その時間が少々短いと思いますのでスリープ時間は長めに設定するのがオススメです。

Androidの場合には以下を参照してください。
参考 スマホ画面の表示時間を変更する方法

スリープ時間は変更できる

無操作状態からスリープへ移行するまでの時間は設定メニューから変更できるようになっています。スマートフォン黎明期に「バッテリーの持ちが悪くなる」との理由から15秒や30秒などの短い時間を推奨していた情報が多く “あえて” 短い時間に設定している人も多いでしょう。また、設定できることを知ってか知らずかデフォルトのまま使用している人も多いです。

電源ボタンでオフにする人は多い

スマートフォンをスリープ状態にする際、意外と放置してスリープに移行させている人は少なく、無意識に電源ボタンを押して自主的にスリープ状態にしている人が多いでしょう。
しかし、そうなると前述したスリープ時間の設定はわざわざ短い時間に設定していなくとも、あまりバッテリーへの影響は少ないです。

スリープ時間は長い方が便利

『画面を見ているとき』や『誰かに画面を見せているとき』に、画面のバックライトが消灯してしまい、いちいちタップして画面を点けることが多いです。
これは結構煩わしくイライラすることも多いので、それであるならばスリープ時間は長めに設定しておくと快適に操作することができます。

また、スマートフォンだけでなく、タブレットなどでレシピを見ながら料理をするなどの場合でも長めに設定しておけば、料理で手が塞がっていても画面を見続けることができるので便利です。

スリープ時間を変更する手順

  1. 設定より『一般』をタップします。

    iPhone「iOS9.1→設定→一般」

  2. 一般より『自動ロック』をタップします。

    設定→一般→自動ロック

  3. 自動ロックより『任意の時間』を設定します。

    設定→一般→自動ロック→選択

iPhone/iPadで自動ロック時間を変更するやり方は以上です。

あまり長すぎても無意味なので悩むようであれば『5分』程度に設定して様子を見ると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事