iPhoneで家やマンションの傾きを調べる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家

施工不良によりマンションが傾いたと話題ですが、スマートフォンを使うと自宅の傾きを調べることができますよ。

スマートフォンには様々なセンサーが付いている

スマートフォンはその性質上、様々なセンサーが搭載されています。身近なものでは位置を知るためのGPSセンサー、明るさを知るための照度センサー、端末との距離を知るための近接センサーなどがあり、それらのセンサーの中には傾きを知るためのジャイロセンサーがあります。

通常、物体が水平かどうかを調べるためには水準器と呼ばれる器具を使います(水平器とも言う)。一般家庭で持っている人は稀でしょうが、スマートフォンにはジャイロセンサーを使用して水準器と同様に傾きを調べることのできるアプリがあります。iPhoneにはデフォルトで『コンパス』アプリがインストールされており、水準器としても使うことができます。キャリブレーションするような設定項目が無いため、そのままの状態で使えるようです。

水平を調べる手順

Androidの場合には以下を参照してください。
参考 スマホで家やマンションの傾きを調べる方法
  1. コンパスアプリを起動すると方角を確認する『コンパス』モードで起動するので、右から左へスワイプします。

    iOS9→コンパス→コンパスモード

  2. 『水準器』モードに切り替わります。

    iOS9→コンパス→水準器モード

  3. 水準器モードでは傾きがある場合は『黒色』、傾きがほぼ0°であれば『緑色』で表示されます。

    iOS9→コンパス→水準器モードiOS9→コンパス→水準器モード→傾き無し

アプリは簡易的な物

スマートフォンアプリに搭載されているセンサーはあくまでも簡易的なものと考えたほうが良いです。そのため、家などを正確に調べたい場合には専用の器具を購入するか、専門家に調査を依頼したほうが良いです。

まとめ

水準器の使用は家の傾きを調べるだけでなくポスターを張ったりする際に曲がってないか確認することにも使えます。

スポンサーリンク

シェアする