いまさら聞けない App Store の使いかた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple

Androidスマートフォンと合わせてiPhoneも使い始めたら色々と App Store の使い方が分かってきたのでまとめておこうと思います。

App Storeとは?

iPhoneシリーズやiPadシリーズなどのiOSデバイスにデフォルトでインストールされている アプリや音楽・書籍などのデジタルコンテンツ を管理するためのアプリです。iOSデバイスに対してiOSアプリをダウンロードする目的で使用することが一番多いと思います。

App Store の使い方

自動ダウンロードを有効にする方法

同じApple IDを登録した他のiOSデバイスで購入したアプリや音楽・書籍などのデジタルコンテンツを自動的に同期するように設定することができます。また、一度ダウンロードしたアプリなどにアップデートがある場合に自動的にダウンロードするよう設定することもできます。

App Storeの設定はApp Storeアプリからでは無くデバイス本体の設定から行いますので注意してください。
  1. iOSデバイスの設定より iTunes & App Store をタップします。

    iphone「iOS9.1→設定」

  2. iTunes & App Storeの自動ダウンロードより 対象の項目オン に設定します。

    iPhone「iOS9.1→設定→iTunes&App Store→自動ダウンロード」

  3. Wi-Fiに接続しているときのみ自動ダウンロードを有効にしたい場合には モバイルデータ通信オフ に設定します。

    iPhone「iOS9.1→設定→iTunes&App Store→モバイルデータ通信→オフ」

自動ダウンロードを有効にするやり方は以上です。

気になるアプリをあとでダウンロードする方法

気になったアプリがあっても、アプリサイズが大きくて『Wi-Fiに接続してからダウンロードしたい』や『ダウンロードしている時間が無い』など今すぐでは無くあとでダウンロード&インストールしたいと思う場面はあるでしょう。ウィッシュリストとは あとでダウンロードしたアプリ をメモしておく機能です。

App Storeのウィッシュリストに登録できるアプリは 有料アプリのみ で無料アプリを登録することはできませんので注意してください。

ウィッシュリストに追加する方法

  1. App Storeのアプリ詳細ページより画面上部の 共有アイコン(右から2番目) をタップします。

    iPhone「App Store→アプリ詳細」

  2. 共有項目より ウィッシュリストに追加 をタップします。

    iPhone「App Store→アプリ詳細→共有」

ウィッシュリストに追加するやり方は以上です。

ウィッシュリストを確認する

  1. App Storeより 右上のアイコン をタップします。

    iPhone「App Store→TOP」

  2. ウィッシュリストに登録したアプリが一覧で表示されます。

    iPhone「App Store→ウィッシュリスト」

ウィッシュリストを確認する方法は以上です。

まとめ

Androidとは違い部分があるので少々戸惑いましたが使っていれば慣れるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事