いまさら聞けない!「モック」ってナニもの!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

携帯電話やスマートフォンの新機種が発表・発売されると耳にする「モック」とはいったい何なんでしょう。

もともとは「模型」のこと

モックを日本語に訳すと“模擬の”となります。携帯電話・スマートフォン売り場にある模型のことをモックと呼んでいます。
模型なので当然電源を入れたり画面を操作することはできませんが、デザインや重量・サイズなどは本物そっくりに作られているので、持った感じ触った感じなどを得ることができます。

現在の「モック」は2種類ある

現在、“モック”と言う言葉は2つに派生しておりホットモックコールドモックと呼ばれて区別されています。

「ホットモック」とは?

本来、“モック”とは模型のことを指していましたが、現在では携帯電話・スマートフォン売り場に置いてあるお試し用の実機(電源の入る本物)を「ホットモック(Hot Mock)」と呼んでいます。
本来の意味では“モック”は模型の意味なので、厳密に言えば実機を“モック”と呼ぶのは間違っているのですが、お試し用にと実機を売り場に置くようになってから「ホットモック(Hot Mock)」と呼ばれるようになりました。
ちなみに“ホット(Hot)”は電源が入っていて「あったかい」からでしょう(正確な由来は不明です)。

「コールドモック」とは?

「ホットモック(Hot Mock)」に対して、従来の模型を「コールドモック(Cold Mock)」と呼びます。ホットモックが置かれるようになってからは、あまり精巧に作られることは少なくなった気がしますが、それでもデザインや重量・サイズを知る上では重要な存在です。
ちなみに“コールド(Cold)”は電源が入らず「冷たい」からでしょう(正確な由来は不明です)。

購入を判断するのであれば「ホットモック」の置いてある店舗へ

「ホットモック」は実機であるがゆえに機種の人気によって置いてある店舗が少ない場合があります。大手家電量販店でも小規模の店舗には置いていないことがあるので、できるだけ大きな店舗に行って確認するようにしたほうが良いでしょう。

まとめ

置いてある「ホットモック」の多くは設定画面が開けないようにロックされているものが多いです。これは仕方がないことですが、できれば中も確認できるようにしてもらえると非常に助かります。

スポンサーリンク

シェアする