機種変更の旧機種は“下取り”と“買取り”どちらが良いのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

最近の各キャリアは機種変更時に旧機種を下取りし端末購入価格から割り引く「下取りプログラム」を行っていますが、iPhoneやXperiaなどは多くの店舗で「買取り」をしてくります。どちらのほうがお得かよく調べたほうが良いです。

下取りプログラム

“下取りプログラム”は各キャリアで行われています。

キャンペーンやイベントの位置付けで行っているキャリアもあるので、常に最新版を確認してください。

買取り

スマートフォンは各キャリアの下取りプログラムだけでなく、中古スマートフォン(白ロム)を扱う店舗で「買取り」をしてくれます。

下取り・買取りの価格比較

では、“下取り”と“買取り”のどちらが良いのか比較してみます。パターンは数多くあるので代表的な組み合わせで紹介します。自分のキャリアや端末に合わせて各サイトで確認・比較してみてください。

docomoの下取りvsソフマップ.comの買取
docomo ソフマップ
iPhone 5s 16GB 22,680円 22,000円
iPhone 5c 16GB 17,280円 18,000円
Xperia Z3 17,280円 35,000円
Xperia Z3 Compact 14,040円 28,000円

iPhoneに関しては、大して金額の差は無いようなので、利用しやすいほうを選ぶとよいと思います。しかし、Xperiaに関しては、店舗買取りの方が大幅(2倍程度)に買取金額が高いです。Xperiaは下取りよりも買取りのほうが良さそうです。

2015年9月の情報です。下取り価格も買取り価格も常に変動していますので、利用する際には必ず直前に確認することをオススメします。

下取り・買取りを利用する際の注意点

iPhoneやXperiaなどスマートフォンを売却する前にやっておくこと」を参照してください。

まとめ

iphoneやXperiaなどは時間がたっても値が付くほど人気があります。下取りや買取りを上手に使って1台1台のコストパフォーマンスを上げていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする