スマホは一括購入がオトク?分割購入は注意しないと痛い目にあう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

今やあたりまえとなったスマートフォンの分割購入ですが一括購入したほうがお得なことがあります。また、携帯電話・スマートフォンの分割購入は気軽にできる分、注意しないと痛い目にあうことでしょう。

分割購入?一括購入?

自分が『分割購入』なのか『一括購入』なのかわからない人は、おそらく『分割購入』でしょう。『今なら無料で交換できます』などのうたい文句で購入した人も『分割購入』となっているはずです。

支払金額は変わらない

『分割購入』した場合、その場で料金を支払わないために安く購入できたと思いがちですが、毎月の請求時にしっかりと請求されています。『月々割り』や『月々サポート』と言う名の割引で相殺されていると思いますが、『一括購入』してもその割引は当然適用されます。
2年ごとに端末を購入している人は端末を無料で購入していると月々の分割支払いと『月々割り』や『月々サポート』の割引が延々と適用され続けることになるので料金に大きな変化が無くわかりにくいんです。

『今なら無料で交換できます』などと言ううたい文句は大嘘です。しっかりと毎月分割で請求されていますので、こういった量販店では購入しないほうが良いでしょう。

審査落ちの可能性

携帯電話・スマートフォンの分割購入時に行われる審査は簡易的なものが多いので “審査落ち” するという人は少ないでしょう。しかし、昨今ではスマートフォンの価格も年々高くなっており、iPhoneのように10万円を超えると「割賦販売法」によって詳細な審査をしなくてはいけないと定められているそうです。その為、10万円を超える代金を分割購入する際には前年の年収など詳細な審査が必要になるため「前回は購入できたのに、今回は審査に落ちた」と言うことが起こりえます。

対処法としては「10万円以下の機種を購入する」と言ったことで分割購入可能になる可能性はありますが、せっかく欲しい機種があるのにグレードを下げて10万円以下にするのはもったいないので、最初から一括購入できるように準備しておくと良いでしょう。

価格はドコモやau、ソフトバンクなど複数のキャリアで扱うiPhoneなどは、各キャリアで価格が異なる場合があります。そのため「au、ソフトバンクで審査落ちしてもドコモでは分割購入できた」と言うことがあるので、どうしても分割購入を希望する場合にはMNPも検討すると良いでしょう。

一括購入するメリット

『分割購入』でも『一括購入』でも支払う料金に違いが無ければ『分割購入』良いじゃないかと思うでしょうが『一括購入』するとメリットがあります。

ポイントが貰える

携帯電話やスマートフォンは家電量販店で購入する人が多いと思います。違うという方は家電量販店で購入することをオススメします。家電量販店で購入するとそのお店で使用できるポイントが貰えます。
『ポイントなんか集めてねぇよ』と言う人も居るでしょうが、スマートフォンを購入するとケースやカバー、液晶保護フィルム(保護ガラス)など同時購入する商品も多いでしょう
。スマートフォンの価格が仮に8万円とすると10%のポイント還元で8000ポイントにもなるので、それらの商品をポイントを使って無料で購入することができます。

売値が高くなる

携帯電話やスマートフォンを買い取ってくれる店が多くあります。店が携帯電話やスマートフォンを買い取る場合にはネットワーク利用制限と呼ばれるステータスを確認し査定額へ反映します。

この『ネットワーク利用制限』は一括購入するとステータスが『○』となります。分割購入の場合は『△』となります。分割購入の支払いに滞りがあるとステータスが『×』に変わります。盗難届けが出された場合も『×』になります。『×』となったスマートフォンは利用することができなくなってしまいます。

このステータスが『○』以外の場合は査定額が『減額される』もしくは『買取不可』となる場合があります。これは分割購入の支払いが途中で滞る可能性を考えてのことです。そのため、一括購入したほうが査定額は高くなります。
人気のあるiPhoneやXperia等は査定額が高め(数万円)になりますので、不要なスマートフォンがある場合は買い取りしてもらうことを考えた方が良いです。

分割購入するデメリット

信用情報に傷がつく

銀行口座にお金が入っていなかったり、クレジットカードが無効になっていたりと、携帯電話・スマートフォンの支払いに遅延が出てしまう事もあるでしょう。しかし、携帯電話・スマートフォンを分割購入していると「うっかり」では済まされないことになります。

携帯電話・スマートフォンの分割購入は、れっきとしたローン(借金)になります。例えば9万円のスマートフォンであれば9万円を借金して購入し、2年間(24ヵ月)かけて携帯電話・スマートフォンの利用料と合わせて借金を返済していることになっています。

そのため、月々の利用料の支払いが滞ると、そこに含まれる借金の返済も遅延することになります。借金の返済が遅延すると信用情報に記録され、その後の新たなローンやクレジットカードの新規作成などができなくなってしまいます。

この “信用情報” は共有されているの為、家や車を購入する際のローンの審査に影響があり、最悪の場合には「ローンが組めない」と言ったことが起こります。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事