ソニーがスマホゲーム会社『フォワードワークス』を設立!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

2016年04月01日よりソニー・コンピュータエンタテインメントが『ソニー・インタラクティブエンタテインメント』に変わり、iOSやAndroid端末向けゲームを制作する新会社『株式会社フォワードワークス』を設立しました。

スマホアプリの会社を立ち上げ

任天堂が初のスマートフォンアプリ『Miitomo』の提供を始めて日が浅いですが、今度はソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧ソニー・コンピュータエンタテインメント)が、スマートフォンアプリに特化した新会社『株式会社フォワードワークス』を設立しました。

専用タイトルのスマホアプリ化

プレイステーションには数多くの専用タイトルやゲームキャラクターが存在しており、それらを使ってスマートフォンを含めたスマートデバイス向けに最適化したゲームアプリが開発されています。

まとめ

任天堂のスマートフォンアプリはゲームアプリが期待されていたもののMiitomoと言うコミュニケーションアプリにとどまってしまったので、フォワードワークスにはちゃんとしたゲームアプリを期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事