社会人になったら時計を買おう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

新卒の新入社員でも中途入社の中途社員でも社会人になったら、しっかりとした腕時計や目覚まし時計を購入しよう。

腕時計

社会人になると携帯電話やスマートフォンで時刻を確認するという行為が『はばかられる』ときがあります。特にお客さんの打ち合わせ中であったり、上司との会議中に「時間を確認する」と言う行為はなかなか失礼に当たることが多いです。
携帯電話やスマートフォンでは『取り出す→スリープを解除する→時間を確認する』と大きな動きになってしまいますが、腕時計であれば机の下で『チラッ』と確認することができるので、ブランド物の高級腕時計で無くとも、それに引けを取らない腕時計をオススメします。

天然木と金属の組み合わせ

2013年3月頃にクラウドファウンディングにより出資を集めていたプロジェクトです。目標に対し約3000%もの出資額を集めたことで話題になりましたが、私も一目ぼれをしてインディアン・ローズウッドの腕時計を購入しました。天然木の色合いが時計としては珍しいので値段の割には高級感がでています。

Original Grain
Original Grain Japan (Original Grain 日本総輸入代理店)
¥ 30,780

目覚まし時計

朝起きる際に目覚まし時計を使っている人は多いと思います。社会人になれば遅刻はご法度なので目覚まし時計には気を使いたいものです。ただ、高いお金を払って目覚まし時計を購入するのはなかなか気が引けてしまうので、多機能な目覚まし時計を選択すると良いでしょう。

デジタル温湿度計

温度や湿度を計測し『熱中症』や『インフルエンザ』への危険を警告してくれるデジタル温湿度計です。社会人は体調管理も仕事の内と言われていますので、『熱中症』や『インフルエンザ』には最善の注意を払うことをオススメします。

サンワサプライ 熱中症&インフルエンザ表示付きデジタル温湿度計(警告ブザー設定機能付き) CHE-TPHU2WN
サンワサプライ 2016-02-01
¥ 2,900

まとめ

携帯電話やスマートフォンで代用できますが、やはり専用のものを1つ持っておくと色々と便利です。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事