圏外じゃ無いのにスマホのバッテリーが急激に減るのは何故なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

携帯電話(ガラケー)やスマートフォンをふと見ると「バッテリーが急激に減っている!」と言った現象に出くわしたことはないでしょうか?一般的に圏外だとバッテリーの消費が激しいと言われていますが実はそれだけではないんです。

圏外だとバッテリーが減る?

まだスマートフォンが登場する前の携帯電話(ガラケー)の時代から「圏外に居るとバッテリーの消耗が激しい!」と言われてきました。

携帯電話は街中に設置された “基地局” と常に通信することで無線による音声通話(着信・発信など)やデータ通信を行っていますが、携帯電話は持ち運んで使うことが想定されているために、移動と共に “新しい基地局” を探して接続を繰り返しています(これを “ハンドオーバー” と呼びます)。

基地局と携帯電話の距離は常に一定ではない為、携帯電話は電波の出力を調整することで、できるだけバッテリーを消費しないように基地局と接続しますが、近くに基地局が無い場所(いわゆる圏外)に移動した際には、携帯電話が基地局を見つけることができないために多くのバッテリーを消費して基地局を探索し続けてしまうことになります。

このため、圏外の場所に長時間に渡って居るとバッテリーの使用量が上がてしまい減りが早くなってしまいます。

圏外だけじゃ無くなった!?

携帯電話が “スマートフォン” へ変わり3Gが “LTE” へと変わった昨今では事情が少々変わってきました。

昨今のスマートフォンは、そのほとんどがLTEと3Gの両方に対応しており原則的にLTEが優先されます。したがって、LTEと3Gの両方に接続できる場所ではLTEに接続され、LTEの電波が無く3Gに接続できる場所では3Gに接続されるようになっています。

しかし、3Gで接続中にLTEの電波が届く場所に移動した際にはLTEへ接続されるようになっているために、3Gへ接続している最中は圏外の時と同じようにLTEへ接続する為に最大出力でLTEの基地局を探し続けています。

このため、圏外でなくともLTEでは無く3Gに接続される場所では、同じようにバッテリーの使用量が上がてしまい減りが早くなってしまうようです。

対策はできるのか?

LTEで接続できれば何の問題もないですが、自宅や職場などの生活圏内が必ずしもLTE圏内とは限りません。特に平日の日中に長時間滞在する職場がLTE圏外だと常にバッテリーの消費に悩まされることになります。

この場合、対策方法としては2つあり、1つはスマートフォンの設定を変更して3Gのみに接続されるようにすることです。ただし、この場合にはLTE県内に入ってもLTE接続はされなくなるデメリットがあります。

参考 通信速度が遅い!強制的に3Gで通信する方法

もう1つは、ドコモやau、ソフトバンクなどの各キャリアが提供するフェムトセルを導入することです。しかし、導入するのが少々面倒くさいというデメリットがあります。

参考 自宅が圏外!?そんな状況を改善する方法

今ではLTEのサービスエリアも広がっているので3Gの場所を探すのも難しくなってきましたが、運悪く3Gの場所に長時間いる必要がある場合には試してみると良いでしょう。