郵便局で買える封筒の使い勝手が良い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

書類などを郵送する際、白い封筒のほうが奇麗なので好んで使っています。白い封筒は100円ショップなどでも購入できますが、商品によっては内容物が透けて見えてしまったりするのが難点でした。もちろん、それでも問題無い場合も多いですが、郵便局で販売されている封筒がオススメです。

企業に送る封筒

社会人になると個人でも「封筒を使う」と言う場面が少なからずあります。特に就職活動(転職活動)で履歴書や職務経歴書を郵送するのに封筒を使うことがありますが、適当に選ぶと選考に不利になることもあるので注意が必要です。

企業の採用担当者は応募者の選考が終了するまでは、受け取った書類はもちろん封筒までも保管しておくことが多いです。面接の際に注意深く観察をすると、こちらから送付した書類や封筒をクリアファイルに入れて保管していることがあります。何のために保管しておくかと言えば、企業では請求書や納品書など「書類を郵送する」と言った場面は数多くあるので、履歴書や職務経歴書を送ってきた封筒も「ちゃんと書けているか?」が重要な情報の1つになりうるわけです。

封筒の絶対条件

白い封筒であること

一般的な封筒は “茶色(いわゆる茶封筒)” であることが多いですが、茶封筒は安価であることが多いので送付先によっては印象が悪くなってしまいます。特に就職活動や転職活動で企業に応募する際には “白い封筒” を選ぶのがオススメです。また、企業には毎日大量の書類が郵送されてくるので白い封筒の方が「目に付きやすい」と言ったメリットもあるでしょう。

中身が透けないこと

白い封筒でも100円ショップなどで安価に販売されている封筒は内容物が透けて見えることが多いです。場合によっては「何が書いてあるか」まで判別できてしまう製品もあるので注意が必要です。

特に重要な内容では無い場合は良いですが、履歴書や職務経歴書などのような個人情報の塊を送付する際に透けてしまうのは良くありません。そのため、少々お高くとも中身が透けないよう処理されている封筒を使用する方が良いでしょう。

郵便局の封筒は優秀

郵便局では封筒を購入することができ『白く中身の透けない封筒』と言うベストな商品が販売されています。また、2枚1組で販売されているので「10枚も20枚もいらない!」と言う個人ユーザーの利用にも気軽に購入することができます。

購入方法は簡単で、郵便窓口で「白い封筒をください」と言えば販売してくれます。2枚1組のセットになっているので「2枚ください」と言うと1部と勘違いされる可能性があるので注意してください。

また、販売されている封筒はサイズが何種類か用意されているので、送付するものに応じて適切な封筒を選ぶようにしましょう。

特に大きな郵便局である必要は無く、比較的に小さな郵便局でも販売されていることが多いです。

用紙を折らない封筒選び

手紙や書類などを郵送する際、折り畳んで送ることが多いですが「折り目の付いた書類」と言うのは非常に読みにくく奇麗にも見えないため、送付先によっては印象が悪くなってしまいます。特に履歴書や職務経歴書を送付する際に折り曲げるのはご法度です。

一般的に使用されている用紙は “A4” サイズであることが多いですが、A4サイズの用紙を折らずに封入できるサイズは『角2号』です。この角2号の封筒は、A4サイズの用紙がゆったりと封入できるように大きめのサイズとなっているのでクリアファイルなどを入れることもできます。

そのため、雨などに当たっても中の書類が濡れないように、書類をクリアファイルにいれてから封筒に封入すると良いでしょう。

郵便料金はサイズ・重さによって異なるのでよく確認し自己責任で使用してください。
スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事