スマホでもタブレットでも無い『ファブレット』とは何なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

ディスプレイサイズが5インチを超えるスマートフォンも珍しく無くなった昨今ですが、6インチを超えるスマートフォンは “ファブレット” と呼ばれ意外な人気を博しています。

ファブレットってどういう意味?

Phablet(ファブレット)は、Phone(フォン)とTablet(タブレット)とを合わせた造語であり、スマートフォン以上タブレット未満のディスプレイサイズを持つ機種を指しています。

しかし、ディスプレイサイズに明確な定義があるわけでは無く、以前は約5インチ以上7インチ未満の機種を指していましたが、昨今では5インチクラスのスマートフォンが多く発売されているので、2016年では約6インチ以上7インチ未満のものを “ファブレット” としていることが多いです。

2台持ちに丁度よい

MVNO(格安SIM)の利用者も多くなってきた昨今では、携帯電話(ガラケー)とスマートフォン/タブレットの2台持ちをしている人も多いでしょう。

音声通話をガラケーで行う場合、スマートフォンはデータ通信専用であることが多いですが、その場合にはディスプレイサイズが大きなファブレットを使用するほうが画面も見やすく使い勝手も良いのでオススメです。

また、7インチ未満と言うサイズは男性であれば “Yシャツの胸ポケット” や “スーツ(背広)の内ポケット” にちょうど入る大きさなので持ち歩きにも良いサイズです。

ファブレットは一度つかったら手放せないと言われるほど、ジャストサイズな商品です。ただ、音声通話も賄おうとするとさすがに大きすぎるとは思いますが、2台持ちでデータ通信専用と考えれば、これほどピッタリな商品は無いのではないでしょうか。

参考 ファブレットで人気の Xperia Z Ultra は mineo で使うのがベスト!

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事