スマホを初めて持つなら2台持ちがオススメ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

スマートフォンが登場してから長い時間が経ちました。今では多くの人がスマートフォンを使っていますが、まだガラケーを使っていてスマートフォンに使用かどうしようか悩んでいる人も居るでしょう。そんな人は、一度2台持ちで使ってみてはいかがでしょうか?

スマートフォンからガラケーに戻したい人が多い?

私は以前、「docomoでiPhone/Xperiaなどからガラケーに機種変更する注意点」と言う記事を書きました。最初は、自分の体験談をちょっと書いただけだったんですが想像以上にアクセスがありびっくりしました。
また、先日docomoから発表された新しいガラケー「docomoからガラケー「ドコモケータイP-01H」が発売!」の記事もXperia Z5シリーズよりも多くのアクセスをいただいております。
そこで、ふと考えたんですが『スマートフォンからガラケーに戻したい人が多いんだ』と言うことです。
と言うことはスマートフォンへの機種変更に迷っている人も多いでしょう。そんな人は、まずお試ししてみることが大切です。

スマートフォンに二の足を踏む理由(わけ)

ガラケーからスマートフォンへの機種変更に二の足を踏んでいる理由を考えてみました。

維持費が高い

スマートフォンを購入すると多くの場合、docomoやauなどのキャリアが購入サポートと称して月々の使用料から割引をしてくれます。しかし、スマートフォン本体の価格が高い(場合によっては割引分上乗せされている)ので、月々の使用料は5,000円程度かかってしまいます。

スマートフォンは使いにくい?

スマートフォンはその名の通り“電話”ではありますが、電話はあくまでもスマートフォンの一機能であり他にも機能が多いので、『電話とメールだけが使えれば良いんだけど』と言う人には向かないです。
そのため、使い方が難しく感じられ『スマートフォンは使いにくいもの』と言うイメージを持っていると思います。

スマートフォンに機種変更したら2年間は使わないといけない?

実際にはそんなことはありません。しかし、スマートフォンを購入時に分割支払いを選択していたり、月々の割引を目当てに契約をしてしまうと実質2年間使用を義務付けられていることと同じになってしまいます。
しかも、一旦スマートフォンに機種変更しまうと再度ガラケーに戻すことは結構面倒ですし、スマートフォンは高価ですので一度買ってしまったらなかなか元に戻すことができません。『購入してもし使いこなせなかったらどうしよう』との理由で二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか?

しかしLINEは使いたい

ガラケーからスマートフォンに機種変更する動機の1つに『LINEが使いたい』と言う人が居ます。実はガラケーでもLINEは使えますが、スマートフォンのようにフルサービスが使えるわけではなく、限定的・簡易的な使い方しかできません。

参考 ガラケーからでもLINEを使う方法

そのため、『スマートフォンは使いにくいかもしれない』、『購入してもし使いこなせなかったらどうしよう』と思っていてもスマートフォンを持ちたいと思っている人は多いでしょう。

全ての要望・問題を解決できるのが2台持ち

ガラケーの契約を維持したまま、MVNO(いわゆる格安SIM)のデータ通信SIMでスマートフォンを持つことで全ての問題を解決することができます。

維持費が安い

MVNOは“格安SIM”と呼ばれるように維持費を抑えることができます。各社で料金は変わりますが、1ヶ月あたり1,000円程度が相場です(1ヶ月のデータ通信料は3GB)。
ガラケーが1ヶ月1,500円程度で維持できますので、合わせて2,500円程度でガラケーとスマートフォンの2台を持つことができます。

使いにくかったら解約してしまえばよい

今使っているガラケーを維持することができるので、もし仮にスマートフォンが使いにくければスマートフォンの契約を解除するだけですぐに元の環境に戻すことができます。また、スマートフォン本体は買い取ってくれる店舗を利用すれば最小限の出費でお試しすることができます。

2年縛りが無いMVNOがほとんど

全てのMVNOではありませんが、データ通信のみの契約であれば2年縛りなど、使い続けなければならない状況になることはありません。

LINEが使える

MVNOでもLINEを使うことは可能です。しかも、ガラケーの電話番号を使って登録することもできるので、ガラケーをスマートフォンに機種変更したときと同じような状況で使うことが可能です。

参考 ガラケー&スマートフォンの2台持ちでLINEを使う方法

2台持ちのデメリット

良いことばかりを書きましたが、2台持ちにはデメリットもあります。

端末の確保

最近のMVNOは端末とセットになっているものが多いです。しかし、価格が高くなってしまうのでお試しで使うのには適しません。したがって、白ロムと呼ばれる契約不要で購入できる以下のようなスマートフォンを入手しましょう。

SO-02F Xperia Z1 f

また、白ロムの購入に関しては以下を参照してください。

参考 白ロムを格安で販売しているのは秋葉原では無い!

お試しで購入する場合には、使用しなくなった場合のことを考えて売値が高いiPhoneやXperiaなどを購入すると良いでしょう。売却する場合には「PhoneやXperiaなどスマートフォンを売却する前にやっておくこと」を参照してください。

オススメMVNO(格安SIM)

最後に当サイトでオススメしているMVNO(格安SIM)を紹介します。

docomoの端末を使用する場合

auの端末を使用する場合

スマートフォンの使い方を学びたい

スマートフォンの使い方を学ぶには「初心者向けのスマートフォン初めてマニュアル」を参照してください。

まとめ

お試ししてスマートフォンが気に入れば、2台持ちを継続しても良いですしdocomoやauで改めてスマートフォンを契約しなおしても良いと思います(2台持ちを推奨しています→「ガラケー&スマートフォンの2台持ちのススメ」)。その場合、使わなくなった端末は売却することを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする